ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-12-18 18:06:58.0 ボサボサ頭は何処へ

白髪頭の頑固老人床屋に

頸城平の東部丘陵よりの、小高い丘に、我が住まいは有る。

20年位前は林に囲まれ、北風の影響は少なかった。

其れが、新興住宅地の開発で、林が切られ、北風の直撃がおそう。

南風は、昔から関田颪の直撃の地、今は何処からの風も強く当たる。

小生、はっきり物を云う質、風あたりの強い人生は当たり前、あんまり気にしない様にしている。

3087_126112635700.jpg
今回の寒波、今のところそんなに降雪は無いが、今朝から風が強い

床屋さんに言ってから一月半、丸顔に白髪頭、風に髪はぼさぼさ。


3087_126112650200.jpg
3087_126112657500.jpg
手で掻き上げるが、様に成らない。

舌を出せば、アインシュタイン

腹を出せば、寒山拾得、年寄りの姿として見られた物では無いような気がする。

こんな事を云うとたとえが悪いと叱られるか。

今日夕方は久しぶりに少しは見られる老人か。

2009-12-18 08:18:57.0 挙げた拳は

挙げた拳は何処へ

県知事が主張する、北陸新幹線の負担金賦課問題、沿線人口に応じた算出方法だと現行路線距離方法の半額約「700億円」に成るとの算出を県が出したと云う。

明らかに受益人口が少ない事になるのだろう。

然し県知事や上越市長は全列車停車に固執するのだろうか。


3087_126109090000.jpg
それより以前、県知事は、政府政務官等と負担金問題の落とし所について話し合っているようだ。

様は県知事が「挙げた拳」の下げ所を探って要るしか考えられない。

その橋渡しをしたのが「弁護士」の代議士だとの噂が有る。

県知事、国を相手の「行政調停」等の問題で県会の質疑で「手続きの是非」問題で弁護士に聞いたらの発言、なぜ此処「弁護士先生」がお出ましに成るかである。


3087_126109155200.jpg
今、県下は「冬将軍」攻撃、新潟では20数年ぶりの降雪とか。

一方上越地域18日朝まで大した降雪は無い。それでも新潟県下は冬将軍大暴れと云われる。

新潟市の事は新潟県全体の事と報道される、然し上越市の事は多くは報じられない、これが新潟県の状況で有る事を私達は承知しなければならない。


3087_126109186800.jpg

約10日ほど新幹線問題や、上越市の政策転換について書かせて頂きましたが、明日から
「地名問題」を書かせて頂きます。