ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/01/14 11:45 空白の二百年・2

この構造線は、言葉では、京ことばの影響食文化では、さけ、ぶり文化の境界、源氏ボタルの西型(二秒間隔に光る)東型(四秒間隔に光る)など事例や、近隣境界に於いて、谷・沢に表現の違いが有る有る。  
3087_126229536600.jpg
話が横に反れたが冬期の多大な降雪は経験のないものには、どうする事も出来ない事と思う、積雪を考えると海岸線はそれでも雪量が少なく経験の無い者も対応できたかもしれないが、これは大きな理由とは思われない。

もう一つは海岸線の原住民と平野奥地の丘陵に住む原住民との違いであったかも知れない。海岸線の人たちは、海運による文化交流が、割と簡易に行われたのではないか。
3087_126343685800.jpg
これに対して奥地に住む人たちの交流は限られ、地域によって守る共同体意識が強く、簡単に懐柔に応じなかったのではないか。

その結果、部民、物部の導入による、原住民 「越の蝦夷」 と戦いが起き双方に多大な戦死者が出たのではないか、東部頸城丘陵の古墳群、夷守の地名、その後の「越の蝦夷懐柔記録」等これらを物語っている様に思われる。(宮澤)