ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/01/31 07:49 狩猟生活と稲作文化の接点

縄文末期に大陸から「稲作文化」が伝播し南部分の食糧生産が盛んと成り、定住生活と南北の人口比率が逆転する事になる。
3087_126489161500.jpg
しかし天候に左右される地域に於いては、一気の稲作文化に移る事は出来なかった。

それは天候不順による「凶作」死活問題で有り特に頚城地域はその中間に位置し、両生活方式を取り入れざるを得なかったで有ろうし、良く見れば両方の文化に触れる事が出来たと云える。
3087_126489165900.jpg
現状の県北より北は稲作に移らず従来の非定住生活で食糧を得ることが得策であったと思われ、稲作文化の定住者と非定住生活者の対立が生まれ、これが蝦夷と云われる原住民が、七世紀中葉からの大和勢力による城柵作りによる、征伐の対象と成ったと思われる。

此の頃には前項に触れた前項で触れた越後蝦夷と云われる人達が地域の為に奮戦し大和勢力との何らかの戦いが有ったと思われる。