ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/03/21 08:52 地域名の変化・吉川の巻、2

明治22年からの変化
吉川町 S30年~平成の合併までの町 吉川村、源村、旭村の一部が合併して成立。
 3087_126912892800.jpg
吉川村 M34~S30年の村。中吉川村、大出口村、上吉川村の一部が合併して構成。
 
 中吉川村 M・22~M34年の村。山口、顕法寺、中谷内、下深沢、片田、吉井、東寺、平等寺泉谷、土尻、天林寺、川崎、東鳥越、下町、原之町、大乗寺、下小沢、竹直、長峰新田、町田の字十町歩で構成。M34年吉川村の一部となる。
 
 上吉川村 M・22~M34年の村。東田中、河沢(こうぞう)、入河沢・道の下、長坂、
福平、国田、(以上七大字はM34年に吉川村に、以下五大字は源村に)岩沢、大賀、山直海(やまのうみ)、山中、米山で構成
  
大出口村 M22~M34年の村。代石(たいし)、下中条、小苗代、赤沢、上泉、下泉、後生寺、伯母ヶ沢で構成。M34年に吉川村を構成。

 源村 M34~S30年の村。川谷村と上吉川村、水源村の一部が合併して構成。
  
水源村、M・22~M34年の村。尾神、高入沢、坪野、(M34年以上三大字は源村以下二大字は黒岩村となる)東横山、狸平(むじなだいら)で構成。
  
川谷村 M・22~M34年の村。川谷、名木山、石谷と尾神の字上名木で構成。M34年に源村を構成。

旭村 M22~S30年の村。梶、大滝新田、神田町新田、長沢新田、八幡新田、坪野内新田、六万部、田尻、山方、西野島、町田(字十町歩を除く)、(以上十一大字S30年に吉川町に以下は潟町村と合併)は内雁子、内雁子新田、鵜田中新田、里鵜島新田、米倉新田、高橋新田、和泉新田、山鵜島新田、で構成。