ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/04/06 07:31 地域名の変化・妙高市妙高々原の巻

妙高々原の変化
地域名は明治20合併後・・・合併前・・・明治以前
       妙高村・・・・妙高々原町・・概ね大崎郷

妙高々原町 S31年から平成年代の町。妙高々原村、杉の沢村、で構成。平成の合併で新井市と合併、妙高市の一部となる。
3087_127050648800.jpg 
妙高々原村、S30~S31の村、名香山村が改称して成立。
   
名香山村 M22~S30年の村 妙高村、関川村、境村の一部が合併して構成。
   

 妙高村 M・22~M34年の村。毛祝坂新田、田口新田、田切、二俣、一本木新田で構成。毛祝坂、田口、田切、二俣、一本木新田の大字名となる。
   

 関川村 M・22~M34年の村 大字を構成せずM34年、名香山村の一部となる。
  

 杉の沢村、S30~S31の村 大字を構成せず。


3087_127050662400.jpg