ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/04/24 08:02 福祉施設の安全対策に付いて・1

福祉施設の安全対策に付いて・1

日本人は物事を忘れやすい。「人のうわさも75日」「喉元過ぎれば熱さを忘れる」何故そうなのか、日本人は忙しすぎ物事に拘って居られないからだ、とも云われる。
3087_127206364800.jpg
多くの物事がそんな中で通り過ぎ忘れ去られようとして行く。

だが忘れてはならない事も有る。

札幌の施設火災に関し三回の意見を書かせて頂きましたが、もう一度見直して見たいと思います。

問題視しなければならない事は、我が国における「老人福祉政策」がどんな立場に有るかと云う事です。

表面は老人を大切にする事とされて居ますが、どこかに少しでも「姨捨山」の考えが有るとしたら、まずその事の排除に最大限の努力をしなければならないのです。
3087_127206369300.jpg
物事の「裏と表」、「本音と建前」此れらの事の全てから「福祉政策」の立場を考えなおす事から始めるべきでしょう。

本来施設の安全面で対策が為されていると思われる「法的行政管理」されて居ると思われる施設の現状に問題が有ると思われるのであれば、「法的外」の施設の安全に問題が起きる可能性は高いと思われるのは当然である。

此れらを元に現状の点検をしてみたいと思います。