ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/08/11 07:59 清里区で市民トーク

キャッチボールと云うけれど・・・。

10日夜、清里区で、市長との「キャッチボールトーク」が開かれた。

時間は2時間、前半は、中郷区の高橋氏・板倉区の市村氏・清里区の綿貫氏が活躍中の住民団体の報告、「ミニシンポ」。

後半45分はフリートーク

参加者は概ね70人位か。

行政職員らしき人が約1/4 位か。

1/4は桜かに「私は市民の立場で来ている」の反論も。

市長は冒頭「声にならない住民の声を聞く為に来た」の要旨発言。
3087_128148112300.jpg3087_128148114200.jpg
高橋氏は、スキーを通した青少年健全育成活動の報告。 

市村氏は、限られた地域の利点を生かしたイベントの報告。


綿貫氏は遊休地を利用した野菜生産や、地域高齢者対策などの報告。

フリートークは質問者の発言時間の制限が有る、一人一質問が原則。

多くの質問者の為の対策の様だが質問者には消化不良が起きそう。

質問された事項は
合併後の市名問題。

清里区に対する市長の感想。

保育園児等の朝食抜きに対する親の指導問題。
3087_128148108100.jpg
税金等の職員対応。

米の販路拡大や米価対策。


市長が冒頭発言した「声にならない声・弱者対策」は十分か。

行政不満の声なき声の持ち主はこの様な集会には来れない人が多い。

ここで発言する人は 「声有る声」 どこでも発言出来る人かも。
 
市長の話から此の集会前に、総合事務所の職員との対話が有った様だ。

地域の為になる職員対策は十分なのだろうか。