ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/08/15 14:37 「糧」と「汗」

「糧」と「汗」

早くも15日、お盆も終わり。高速道では休日割引使用の為大混雑。

当地域、13日前から曇天、雨天と成り、蒸し暑い日が続く

気温は33度位だが、体感温度は「猛暑日」並み、動けば汗が滴る。
3087_128185000400.jpg

8月に入ると、原爆被災日、終戦の日と、戦争記述のマスコミ報道が多く成る


多くの戦争被害者が、再び戦乱を起こしては成らないと語る。

しかし世界では戦乱の元が絶えない。

何故かを考えるが「平和な日本」では世界の戦乱は語れないのかも知れない。

孤独死・行旅死亡人・路上生活者、事が起きれば語られるが、次第に話題とは成らなくなる

その繰り返しが、小生始め凡人の生活か。

何か一つでも確実に解決すべきなのだろう。

在る社訓に「知恵を出せる者は、知恵を出せ・汗を出せる者は、汗をかけ・何も出せない者は静かに去れ」が有るとか。
3087_128185047800.jpg
人間、怠けを覚えさせては成らない。

覚えてはならない。
3087_128185052500.jpg
明日の糧を得るため 「汗」掻く事だけは忘れないでおこう。