ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/08/16 08:31 推進員公募を見て

推進員公募を見て
上越市が集落づくり推進員を募集します。

上越市の中山間地域には、お米に代表される豊かな農産物、美味しい水、美しい自然や景観など、数多くの地域資源があります。それらの地域資源は、主として中山間地域における集落の人々が長い年月をかけて守り育んできたものです。
 その一方、中山間地域における集落では、人口の減少や少子化・高齢化の進行に伴い、日常生活や農業生産活動、集落の共同活動等を取り巻く環境が厳しさを増しています。
 上越市では、このような中山間地域における集落の状況を把握し、集落の“いま”と“みらい”をお住まいの皆さんとともに考え、“熱意”と“意欲”を持って活動する「集落づくり推進員」を募集します。

以上が募集の言葉です。

まず簡単に云えば「此の募集、パフォーマンス」でしかないと云えるだろう。

何故なら、中山間地と云える所に行政は「目を配って居ます」を示したい表れでしかない。

本当に大切な事柄であるなら、何故今頃始めるのか山間生活地域の衰退は今始まった事では無い。

それを今始めたのは、市長が変わったからなら、「前市長の行政」は旧13町村の生活維持、発展は考えて居なかった事に成る。

旧13町村は合併により「衰退」の道を選んだ事に成る。
3087_128191495900.jpg
又、推進員を雇用しなければならない事は、現在の「行政職員」は何をやってきたのかと云う事に成る。 

推進員を雇用して解決するほど 「山間生活地」の問題は簡単な事では無い。

小生、以前から、市職員に、担当町内会を持たせ、地域問題を考える事を提言して来た、この方策、取り入れた「区」も有るとか聞いた。

2千余名の職員が「本気」で地域づくりを考え行動する事である。

小生「推進員」に成れば市長に市職員の「目の活用」を提言するだろう。