ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/08/22 17:20 準備進む

防災訓練と不燃実演

8月29日(日)上越市の総合防災訓練が大潟区九戸浜と国府小学校を会場で開かれる。

小生所属のNPO法人災害住宅復旧・復興支援会議(住まいの安心応援団)でも展示実演を行う事が出来る。

木材や壁紙等の不燃・難燃化対策の展示である。

29日、国府小学校グランド、12ブースで実演する。

燃えにくい紙・不燃対策をした木材で作った小屋(360cm位の立方体)に火を付け燃え方の違いを実感して頂く。

当日は皆様から不燃材を「紙」に塗布、乾燥させて頂き「着火」燃え方の違いを体験して頂く予定。

新潟県では7月18日刈羽村で実演した。
3087_128246514900.jpg
今、小生宅で実演に使う、小屋・障子戸・紙などの作成の仕上げを行っている。
3087_128246493100.jpg

老人施設等の火災で犠牲者が出てしまう。

建築材料の着火・延焼の遅延が出来れば、火災犠牲者の減少が図られる。
そんな事を考えながら、実演材料を作っている。

8月29日午前10時頃から実演開始
 
不燃効果を是非見て下さい。

木や紙が燃えない「其れが目の前」で起きるのです。