ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/08/23 15:39 報告・春日山の由来

春日山の由来

謙信公祭が始まった21日「春日山」に付いての勉強会が有った。

主催したのは「市名を考える市民の会」。

報告者は会員の、沖田春一氏。
報告の概要。

・名称の由来

 「春日山」由来は奈良の春日神社より、越後高田平野の西部丘陵地にある標高180mの「鉢ヶ峰」に祭神を分霊、勧請した事に由来。
神社が建立されて以来「春日山」と呼ばれるようになった。

3087_128252665600.jpg
「春日」の名は大和東北部を本拠とした古代豪族「春日氏」にあり。姓(かばね)は始め、大春日臣(おみ)と称し、天武天皇13(684)年に、を朝臣(あそみ)を賜る。

春日山城築城は南北朝の動乱期(14世紀中ごろ)と推定される。
その後、長尾為景・晴影・上杉謙信・景勝の4代に改造が繰り返された模様。

春日神社
3087_128252670700.jpg
社伝によると天徳2(958)年、奈良春日神社を鉢ヶ峰山上に勧請、春日山城築城の際現在地に遷座、又永徳年間(1381頃)長尾高景が遷座したともいわれる。(他説あり)

春日山神社

春日山東中腹に鎮座
明治27年、旧高田藩士「小川澄晴氏」が造営。
等が話された。

又春日新田は福島城建設の際、神社も分霊した事に依るのではないかなど話された。
今後、直江津・高田・春日山・の報告を受け、総合的な話し合いを行う事も決定した