ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011-01-20 08:12:24.0 消雪パイプのノズル修理完了。

16日朝、降雪は50cm位。
3087_129547851700.jpg
此の時、小生宅前で除雪車が、消雪パイプのノズルを傷めた

ちょっと不思議に思ったのは「事故部品」の回収が行われなかった事。

事故部品は「異物」、此れを踏んで車の事故が有ったらどうするのか。

除雪車は二人乗車の筈「監視員」、そんな時の対応する為ではないのか。

直後、総合事務所に連絡、修理を依頼した。
9時すぎ業者により応急修理完了、破損部品も業者に渡した。

午後3時頃、事故後の対応に付いて、業者注意喚起をしてほしいと市役所担当にお願をした。
3087_129547869700.jpg
悪人探しをするのではなく、今後の事故防止が如何有るべきか作業基本を確認してほしいと頼んだが、市役所担当、総合事務所、業者と行くうちに、悪人探しと成って仕舞ったようだ。


夕方業者が“本所”に云われましたと「事故部品」回収に来た。
そんな事をしてもらう事も無かったが、そんな結果になって仕舞った。

事務所や、業者に悪い事をしたのかと反省していた。

傷んだノズル部分、雪解けに成らなければ復旧はされないと思っていたが、19日復旧完了した。

何と手際の良い事か、全ての行政対応を、こう願いたい物である。