ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011/05/02 20:49 新地町5日目活動報告

強風の一日

被災地は強風が吹き荒れた一日でした。

砂埃が舞い上がり、ゴーグルがなければ困る状態で、午後の作業は中止となりました。

ボラセンのお手伝いの中、不足物資を運んだ所、非常に危険な建物の近くでボランテアの皆さんが作業をされて居ました。

リーダーに注意して作業を進める様に依頼しました。
ボラセン本部で聞いた処「作業注意」はしたとの事でした。
3087_130433572700.jpg

小生の感じでは、管理不十分に感じました。

強風で避難所のテントや応急トイレが風で飛ばされそうと、対策を求められました、残酷ないい方ですが、被災者の自己管理に問題も感じました。

午後早速ニーズ班の調査に同行させて頂き「建物調査」を行いました。

明日から調査同行が出来る様です。
今回の派遣意義がまだ十分理解されて居ない面が有った様です

派遣5日目でようやく活動が軌道にのる様です。