ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011/05/05 20:33 新地町8日目活動報告

5日の仕事
新地町での作業は、午前中1時間位でした。

行った作業は昨日確認したタンス降ろしの危険作業等でした。

タンスは傷付ける事無く無事家業を終わり終わりました。

他は床下ヘドロ出し、敷地整理等の作業注意でした。

3087_130459514100.jpg
その後、芦ノ牧地域の避難民の皆様の生活物資確保の為、県担当との折衝でした
県との折衝は午後一時からでした。

担当のM氏、住民担当の一次的責任は市町村に有るとしながら、同じ県民に対する生活物資不備は、県にも責任が有るとし、早急な確認検討を約束してくれました。

又地元福島の友人K氏にも協力を求め、車両確保等の約束を頂きました
夕方には各種確認検討を行い、ホテル当の避難施設組合や、避難先自治体に頼りすぎた面が有った事を認め、避難元の自治体で問題解決を約束してくれました。

友人等を巻き込んだ、忙しい一日でしたが、遣り甲斐の有った一日でした
持つ物は良き友人である事を確認、友人は大切にしましょう