ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011/07/11 07:42 予報の進化?

予報各種

昔から
天気予報

3087_131033746200.jpg

現在
電気予報

3087_131033749400.jpg

此れから
放射能予報

3087_131033753300.jpg


近未来
自然大気呼吸予報




3087_131033756300.jpg

2011/07/11 06:42 土地開発基金を悪者にするな・職員能力が問題

上越市大合併の約束事「地域事業費」此れが反故にされようとしている。

最大の原因は、財源不足。

要は、歳出要因が、歳入より多すぎる事

然し10年間は「合併特例債」等で地域の事業を約束するものだった。

各町村の、基金、借入金等の財政事情を勘案して上越市を含む「合併推進論」者によって、合併反対派を説得する為に作成されたものと云っても過言でない物。

上越市の財政不安の最大原因は「土地開発基金」の財源問題と云われる。

多大な借り入れで、元利償還金が上越市の財政全般を圧迫している。其れに上越市街地域の再開発・新幹線がらみの財政費用が多大に成って居る事、等らしい。

でもこんな事、合併以前に解っていた事がほとんど、要は財政見通し確実にできて居なかった事と、多大な釣り餌、策定費用が要因。

財政計画をたてた人達の「能力不足」が最大原因

だが当事者に成ると、こんな事も云っているらしい。

土地開発基金で、多くの土地買い入れを行ったのは、「前々市長」時代、こんな市長を選んだ市民が悪い、との論法らしい。
 
でもここの論者、前々市長、某氏の寵愛を受けて今の立場が有るとの見方もある。