ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2012/03/29 07:48 板倉区地滑り災害の教訓

板倉区国川地内の山地崩壊による地滑り災害、私たちはここから何を学ぶべきなのだろうか。

地域開発と云う名の経済活動、果たして災害起因と成らないのか。

災害が起きた時の対応は万全か。

行政の担当部門・縦割り行政対応の意思疎通は万全だったのか。

初期対応に油断が無かったのか。

3087_133134754400.jpg

初期対応が次の被害を生み出さなかったのか。

3087_133297462300.jpg

避難準備情報・避難勧告・避難指示、これ等の住民理解は万全だったのか。

又これ等の行政方針は万全だったのか。

収まりつつある災害、その姿の推移から起きつつある災害を検知対応する必要がある。

3087_133297483200.jpg


そして此処からの教訓を防災に役立たせる心ずもりが大切である。