ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2013-11-25 10:57:17.0 非常時命を守るのは・・・。

24日、ライブ長岡で行われていた「防災フェス」行って来た。

 

会場は親子連れで大賑わい。

 

展示コーナーを巡回。

 

緊急トイレ対策製品が多く成った感じ。

 

防臭対策「もみ殻燻炭」利用は稲作地帯の知恵を感じた。

 

災害時対策で触れられる事の少なかった「排泄糞尿」。

 

此れが表面に出てきた事は、災害時生活の本当の姿が語られる第一歩。

 

そこで出た「糞尿始末」行政で住民に伝えてあるのか。

 

これ等は、平常時から住民への理解向上が大切。

 

もう一つ飲料水確保のコーナー。

 

 

 

流水等を飲料水に変える「膜濾過機」も。

 

我が持論「非常時は応用が大切」。

 

でも現状の防災機器も知っておきたい・・。