ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2014/03/26 06:50 今日は恵那市串原地区での防災講話です

恵那市串原地区に防災ボランテアとして活動される「N氏」が居られる。

N氏とは中越沖地震の際、刈羽村ボラセンで活動を共にした。

 

被災を受けた住宅等でのボランテア作業。

危険を伴う作業であり、此の対策が大切である。

 

此の活動を経験したN氏、生活する地域での広がりを考えた。

そして地域の大工さん等に話、勉強会を開くまでに努力された。

 

今回は昨年8月に次ぐ勉強会となった。

N氏曰く参加者が少なくと悩んでも居られる。

 

参加者が一人でも良い、地域で防災に対する話し合いが行われることに意義が有る。

小さい集会でも、「手作りの防災意識を高める」この様な集会が各地で行われる事を願っている。