ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-11-30 13:17:09.0 沈黙で生きる術

国民と日本の政治

 日本を代表する地域は農山村から始まったと云えるだろう。 

其処で生きる知恵として、日本では自分の意見を持たず、周りの人の顔色を見て同調する悪い言葉で云えば「隣百姓」が有る。

典型的な農村生活の過ごし方で、全て近所隣りと同じ行動を取り「個人」の意見や行動を取らないこれが長年の生活で知恵である。


3087_125954722400.jpg
難しい相談事や「集落」意見を求められても、沈黙、取り纏め役の意見に同調する事が、最良の生き方とされていた。

そんな生き方、少しは変わった様に見えるが「今の日本」本当に個人の考え方で動いているのだろうか。

テレビ時代当初の「一億総白痴」かなんて「死語」の様だがとんでもない。
国民の多くが「マスコミ」の報道に「洗脳」されている事に気付かないのか。


3087_125954752700.jpg
農山村は政治的に「本当に大切」にされた時代は有ったのだろうか。

政治的に見て「日本の政治」基盤だった「保守政権」の利権を守る存在として、重宝された時代が長かったが、本当に政治的、政策的に優遇されたのだろうか、優遇されたとしても其れは「政権基盤」を保つ選挙に勝つためだけでは、なかったのかである。


3087_125954769900.jpg
都市生活者の意見として「一票の格差」問題が提議され、格差是正から小選挙区の移行、政党が候補者選択、政治家が政党選択する必要から、政権政党等からはじき出された人達が新しい政党を作りざるを得なくなり、はじき出された人や少しでの有利な戦いをしようと集まった集団も有る。
だが本当に日本の将来の為の政策が何処にあるかである

2009-11-29 10:10:24.0 汗する人の立場

汗する人を大切に

小生大工の二代目、自称「ブラックカラー」で通した。

ホワイトカラー」でも「ブルーカラー」でも無い、要は様は肉体労働者。

世の中では、下積みの部類に入っていた。

だが我が両親、自分の職業大工は「素晴らしい職業」と云い通して居た。

小生気が付いたら大工になって居た。


3087_125945567600.jpg
今の農山村「少子高齢化」の代名詞に使われる。

農地は荒廃、後継者は少なく、国家的問題。

此の問題なぜ起きた。職業に貴賎は無いと云うが、とんでもない。

世の中「額に汗して」働く者,大切にされただろうか。
農業を馬鹿にし、農村を荒廃させた最大の原因は、農業の蔑視と第一次産業労働者の軽視。

土にまみれ生活して居たもの「農業者」を素晴らしい職業と云った人は少なかったのではないか。

3087_125945597200.jpg

有ったとすれば「その人]の「後継者」育っていただろう。

農業を守る為との方向で、農地の所有の為、新しい会社が設立されている。
戦前の地主制度への復活「農地の集約化」の様に見える。

敗戦後、占領「解放」政策で小作農業から所有地耕作に変わったが、農村の「お上依存」体質の変化は何故か起きなかった、 「農民の知恵」の問題か、 「政治的政策」がそうさせたのか。


3087_125945649200.jpg
矢張り農民は「民」其の者なのか。
自らの姿をどう考えるかである
今大切な事は「個別保障」だけの問題でなく「農業や額に汗して働く人」が大切にされる社会が作られる事と、
農村自身が自らの考えを持ち行動する事である。 

2009-11-28 08:11:22.0 蔭と陽・事業仕分け

国民と政治の方向

新政権、 「事業仕分け」で今までの予算の使われ方の検証を行っている。

税金の無駄遣いの検証は良い事だと思われる。

一つの家庭でも、如何に無駄を省いて生活するかは、生きる知恵では無いだろうか。

そんな事は「貧乏人」の考える事と云われるかも知れないが、こんな生活60年も続けば当たり前となる。


3087_125936197300.jpg

倹約をしないで良い生活を一度でもしてみたいと思っている。
どんな人生にも、生活にもゆとりが必要。 

ゆとりが無いと、家庭でも社会でも摩擦が多くなる。

自民党政権の春先の「手当」なんとなく生活費に使ってしまった。
民主党政権「子供手当」「高速道無料化」など今までと違う視点での「政治」を目指した。

だが良く考えれば「どんな財布」も出入りが釣り合わなければ上手く行かない。

同じ収入額なら「出すところ」「引っ込む」ところが有るのは当然。

出る額を多くすれば、どこかから「金」を見つけなければならない。



3087_125936246300.jpg
今の国家支出の見直し「日の当たる所」「日陰」の付け替えでは無いのか。

どんな社会も、時の情勢に依り繁栄、衰退が有る、国で考えれば、自国内、国際間の問題でもある。


全ての事柄、家庭で考えるか、地域で考えるか日本で考えるか世界で考えるか地球で考えるか、皆利害が違ってくる。
だが、国のやって居る事、地球規模でみれば矛盾だらけ

3087_125936300400.jpg
与党野党の立場が変わったが、遣って居る日本の政治姿勢、対立の方式は「審議拒否」政治の程度何も変わって居ない。
これが日本の政治の姿である。 

2009-11-27 18:46:51.0 会話の有る家庭に感激

明るい母親に元気な娘、食卓の明るい会話や笑い声が聞こえてくるようです。
家庭や地域で其々の役割を誰に言われなくとも果たして行く。
其の有り方が家庭や地域で違っているのが当たり前。
物真似では無く個々の家庭や地域の在り方が有って良いと思います。


3087_125931468100.jpg
 「男女協働参画」等云われなくても其々で役割を果たして行く、これが本当の姿の「協働参画」だと思います。
協働参画は、男女・地域・行政、等其々相手に対し求める物で無く、自発的意思で築き挙げる物ではないでしょうか。
「みぃ」さんの様な家庭で生活する、お嬢さんや家族の皆さん幸せだと思います。  

2009-11-27 08:32:28.0 男と女・裏と表

男女共同参画

今の世の中、女性の立場、ますます尊重されている様に見える。

表面は「男女共同参画」万能の社会。

これに異論や反対するものなら袋叩きに合う。

其れは覚悟の上。  


3087_125927707200.jpg
男性として「女男協働参画」社会で無いだけまだ増しか。
「男女協働参画」社会が語られる中、女らしさ、男らしさより「人間らしく」が大切とも言われている。

一方「女性としての提言」が大切として求められもている。

「人間らしく」が求められる中「女性としての提言」が何故大切なのか。

「女性としての提言」の必要性は「人間らしく」否定ではないのか。

人間としての生き方が大切なら、単に「女性としての提言」は不必要なはず。

3087_125927751300.jpg多くの生物には「雌雄」の別が有る。これには其々の役割が有るからでは無いか。

人間偉くなりすぎて「男女」の役割を忘れては居ないか。

この世の中「母性保護」は必要だが「女性保護」は不必要。

「今日の糧」をどの様に得るか「明日の社会」の健全化に何が必要かが大切。

その役割「家庭の責任」「社会の責任か」、多くの人は社会全体の責任と云うだろう。

生まれて半年、オムツを持って保育園生活、人間として如何育つのか?

「人」として生きていく為の「社会性」を身につけさせる第一責任は「家庭」にあると思うが。


本当の男女共同参画の社会は何処に有る。