ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-11-21 11:36:56.0 中越沖震災シンポ報告・12、対応出来なかった例

被災者の皆さんからボランテア派遣の要請は多く、要望にお応えすべく努力はしましたが、中にはボランテアを派遣できなかった事例も多く有りました。
そんな事も皆様に理解頂かなければ為らないと思います。


危険が伴うと判断しお断りした例

要望・土蔵の壁を片づけてほしい。

3087_125876765200.jpg
土蔵の現状は、土蔵本体と雨屋との間隔が狭いうえ、壁が何時落ちてくるかわからない状態と判断「ボランテアの安全確保」ができないと、ボランテアの派遣を、お断りしました。

歴史的資産や高価な資産で有ると判断・専門家依頼を薦めた例

柏崎には「義経伝説」が有り、これ等に係ると説明を受けた、仏像・仏壇は専門家移動を薦めました。

3087_125876841000.jpg

又、ピアノや大きな仏壇も専門家依頼を薦め、どうしてもボランテア作業を希望された場合は、音律変化、傷つきが起きる事が有ると説明、了解を得た物件だけ、対応する事にしました。

業者の「作業員」としてのボランテア要請の件

災害地は作業員が不足しており、業者が作業員確保のためボラセンに派遣依頼を頼まれた件も有りました。
要請物件を訪ねると「明らかに業者」が作業中と思われ、依頼者に確認すると、
「シルバー人材センター」に話したら「ボラセン」頼んだらと云われた(依頼者談)、
とか明らかに「業者」としての作業を、一般家庭作業の様に装い「依頼」してきた件等も有り現状等を確認「派遣」すべきでないと報告。


又業者が、作業場整理や、廃業した店舗整理の現場確認を有り、これ等も同様の報告をしました。

柏崎、西山地区等で、敷地隣接丘陵での「山地」亀裂対応の要望も有りました。 


3087_125877018100.jpg

このような対応は「将来土砂崩壊」等の可能性が起きる為、 「ボラセン」として「行政」に対応の「是非」を確認の上、作業対応を薦めました。

この様に、被災者の皆さんの要望は多岐にわたり、多くの皆さんの協力の上に成り立ったと云えます。

2009-11-20 09:36:03.0 中越沖震災シンポ報告・11、特筆される活動

柏崎市と刈羽村復旧支援活動に付いて、第三者的見方をすれば、行政規模の大小「顔の見える」行政活動という面で差が有った事は事実だと思います。

その中で全国各地からお出で頂いた多くのボランテアの皆さんの犠牲的活動は「日本は本当に素晴らしい国民の国」と云えるでしょう。
その中で、
柏崎ボランテア作業で400件強の内で、 「ひのきしん隊」という、ある宗教団体(天理教)の支援団体があるんですが、この人たちは非常に貴重な仕事をして下さいました。
危険な所に入って頂きました。このほかにも数多くの活動があったと思いますが、私は特筆されるものだろうと思います。



3087_125867558600.jpg

災害発生当初の活動は非常に「危険と隣り合わせ」の場合が多く、職業的専門集団の活動は不可欠であり、第一次的救援活動と云える「人命救助」の次には、建築関係の専門家団体の「組織的」活動の「体制構築」が大きな課題だと思われます。


多くの災害の場合、ボランテア活動の注目期が終わっても、被災家屋の活動等は続き、そんな場合「人手不足」と成り社協内部での対応も多くなります。


3087_125867687900.jpg
 
被災地での被災者の皆さんからの、要望、各種対応は変化すると共に、多様化します、そんな対応体制の構築も必要と成ります。

2009-11-19 10:58:38.0 中越沖震災シンポ報告・10、安全度の確認と対策

被災された皆さんから、ボラセンに対し被災家屋の改修方法や対策についての相談が多くなりました。


3087_125859408100.jpg
 
一見何の被害も無い様に見えますが、液状化等の影響か、部屋四隅の柱が沈下し、部屋中央の盛り上がりや、戸が上手く閉まらなくなる、揺れにより建物の壁全体に隙間が出てしまう等の相談が多く寄せられました。

又築100年位の建物の安全度の確認等も有りました。


3087_125859467300.jpg

此の件は建物の安全度の確認と、ボランテアが作業できるように、建物の補強と家具搬出の為の通路確保などを行いました。

この家も一見何ともないようですが、中へ入ると大変なことになっています。
これです。 

3087_125859544100.jpg
4~5年、生活道具がそのまま、これは後で、あそこにおられる阿部さんに遣って頂いたという事で、こういう家もいっぱいあったんです。
いくら行ってもボランティア作業が終わらない。
如何したのかで、行ってみるとこういうやつです。

2009-11-19 08:45:59.0 600人の失望

昨日13回目を迎えた「郷土料理とバイキングを楽しむ集い」が上越市で開かれた。
開会され「来賓祝辞」と成り、司会者が多くのご来賓の中から「上越市長」からご祝辞をとなった、多くの参集者は「就任」間もない新市長「村山秀幸」氏登壇を期待した。 


3087_125858693500.jpg

登壇された「顔」新市長とは違うぞ、そんな雰囲気が会場に流れた。

登壇したのは代理の「観光局長、佐野氏」やっぱり違うんだ、代理か、が雰囲気。

新市長、忙しくこんな会には来れなかったのか、それより重要な会がほかに有ったのか、でも「挨拶」だけでも出てほしかった。

近朝の地元紙に「米沢市長」来訪中の記事も、上越で最も多忙な人、昨日の夜は何処にいた。 

2009-11-18 08:53:11.0 中越沖震災シンポ報告・9、悪徳業者対策講演会

刈羽村では震災復旧支援と共に、住宅復旧における、各種対策を行いました。
その中で、被災地で起きうる「悪徳業者」対応について、社会福祉協議会の支援を頂き、今回のNPO設立の中心となった中原氏(現当会副理事長)及び後藤氏(同専務理事)が中心と成り2回の「講演会」を開きました。


3087_125850022600.jpg

これは後藤さんと中原さんが、悪徳業者対策の説明会でした。このとき即5・6件の相談がありまして、後藤さんと被災住宅を回りました。

講演会の内容の要点は

1・見知らぬ顔にはまず用心。

2・悪徳業者は、隣近所の改修計画を話、工事を急がせます。

3・業者の考える、改修計画や工費見積もりを確実に取って下さい。

4・悪徳業者にも二通りがあります

 ・本当に騙す心算の詐欺集団。

 ・技術不足で満足の工事が出来ない業者。

要約すると以上です。

此の対応として

 地元の行政や商工会・会議所、社協と良く相談をしてください。

 業者にはいろんな人や機関と相談して居る事を話してください。

 不審な事があったら、即、いろんな人と相談して下さい。

 家族で改修方法の意見を話し合って下さい。
 
 工事は急がない事。工事方法、見積もりを確実に取ってください。

等が話されました。

しかし今後改修が、進むにしたがいいろんな相談が起こってきました。