ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-11-09 08:27:35.0 中越沖震災シンポ報告・7、人生経験の対応も

人生経験の対応も必要
ボランテアセンターに寄せられる相談は色んな範囲に及びます。
職業的対応、今までの人生経験をフルに生かした、即応的対応が必要になります。
又全国各地から御出で頂いたボランテアの皆さんとの交流や、意見交換も「ボラセン全体」の有効的活動に生かしていかなければなりません。
私は今回のボラ活動は、災害発生から半月後の7月末を持って止める予定でした。


北海道から参加頂いたボラグループの皆さん、一寸一服中
3087_125771673900.jpg

処がボランテア仲間で北海道から来て頂いた方から「お前は地元だろう俺達より先に帰還は無いだろう」と云われ、これは最もと思い8月まで延びて居たのが現実です。
そんな中8月1日は前記の問題等色んな対応が必要となりました



3087_125771771200.jpg
北海道の建築士さんから急に帰らなければならない事に成ったと、こう云う被災現場があるが誰か引き継いでくれないかと言うので私が行ってきました。
10日位後に被災者家族とお会いして対応しました。
これが裏側崖地の方へ約30センチ地盤が下がっていました。
そして建物が海側に10センチ傾いていました。この地盤が下がったから傾いたんです。床面も20センチくらい高低が起き、地盤も30センチ、幅として40センチ海の方へ動いていたという住宅です。この家の直し方、その他を全部検討してくださいというので、これはボランティアセンター以外の活動だったと思ってください。


非常に損壊のひどい住宅でした。

3087_125772209800.jpg
この住宅は崖地の上に有り、住宅連担地でも有った為、市役所の関係機関にも相談、崖地の復旧は公費で出来ないか。
又この様な住宅を、個人の考えで復旧工事をしても良いものか等の確認を行い、改修相談、工事費の見積もり等を行いました。


明日から地名問題のブログとなります。

2009-11-08 14:21:56.0 市民・国民の政治

新市長の任期が始まる。

大多数の市議の支援を受けての、市政、上手く行く事だろう。

議会と行政、互いに牽制しながら市民本位の市政が行われるよう、関係者の努力を期待している。


3087_125765661900.jpg
新市長が約束した「地域自治区」に2億円、これで地域が蘇るのか。

2億円、素直に人口で割れば一人千円弱、各自治区、三百万から一千万位の金が使える事になる。

これが毎年予算に組み込まれるのか、一回だけの振る舞いなのか、これで地域が生き返るのか、問題そんなに簡単で無いような気もする。

副市長の人選も噂通りになるのか、新鮮さが有る人選なのか、議会に期待しても無理の様な気もする。

3087_125765700500.jpg


国政は、政府が変わり、公約実行にも問題が起きそう、ちょっと心配どころでは無いのかもしれない。
多数の与党が必要と考えが違う政党が集い「政権与党」を作る国、日本。
どこかに歪が出てくるのは当然の事、最大多数の「政党」が政権を作り、他の政党の意見を取り入れながら「国政」を運営出来ないのだろうか。
お互いの政党が話し合い国家の為、国民の為の政策を作りあげてゆく国にはなれないのだろうか。



3087_125765732200.jpg
>
「郵政」選挙の先回
「政権交代」の今回の選挙。
国民が誰かに踊らされた様に思う。
我が日本、政治的には未だ未熟、国民も政党も最、成長する事が大切に思う。
こんな国民に「小選挙区制」は100年早かった様に小生は思っている。 



3087_125765765100.jpg

2009-11-08 09:22:40.0 中越沖震災シンポ報告・6、実際の相談内容

住宅整理の方法

小生の活動内容は、種々雑多だったと云える。

避難所の活動内容、避難している皆さんの、小さな声の収集、対応。

ボラセンに、ボランテアの派遣を頼んだら「赤紙」だから駄目だと云われた、家庭訪問。

飲食店の整理に派遣された、ボランテアから「皿洗いまで」しなければならないのか。

敷地整理に派遣された、ボランテアから、作業方法が解らない。の対応など書いたら切りが無い。

ここでは住宅整理、復旧の事例を書きたい。 

 
これは、8月1日、ある方がボランティアセンターを訪れて、何とかボランティアから入ってもらえないかとの事で、ボラセンのマッチング班長山田さんの指示と相談で、私が現場へ行って見たという事です。

3087_125763835200.jpg

そしてこんな状態でした。
 ここが痛んでおったんです。ここはちょっとすいていますが、柱と二階台の差口が空いておったんですが、私たちはここを大入れと言いますが、大入れの部分が多少ずれていましたけれども、私は落ちないと判断しました。ですから、ボランティアは活動できるという判断を居たしまた。
外部もブロック塀が倒れるなどの被害も有り、総勢20名のボランテアの派遣を行いました。


3087_125763897100.jpg

住宅内部の状態では監視を置かないと作業不可能と判断しました。お前は責任を持てるのかと言えば、大工の勘としてこの家は潰れない、大丈夫だという判断をしたんです。
その点、お前は責任を取れるのかと言われたら、取れたかどうか分かりません。
只そういうものは、今後行政に、いろいろな問題の回答、改善を出して頂きたいと思います。big>
これはそのボランティアの皆さんの方の活動部隊です。
こんな形で外の塀を片したり、うちの中を片したりと、

このときも1人の人は仕事をしてはいけません。監視をして下さい、そして万一のときは逃げてください、そして逃げ道の確保をきちっとしていました。
そういう形を作り活動をして頂きました。
3087_125763929700.jpg

此の御宅は夕方までで要望された作業は無事完了しました。
ボランテアの皆さんご苦労様でした

2009-11-07 15:12:05.0 貧乏人の訴え

貧乏人は抗議の手段も無い。
北陸新幹線問題で泉田新潟県知事は「国の第三者機関」に国土交通相が出した「工事認可」「手続きに欠陥が有り無効」とする審査申し出をしたと報道された。
県知事の頑固さも此処までくれば見上げたもの?


3087_125555884000.jpg
その理由の一つとして「国交相は、泉田知事の発言を遮り意見聴取の手続きを打ち切った」とされる。どの様な機関でも関係者に対する「説明責任」は重要と思う。
この様な発言をする「新潟県」で有るから、県民に対する「説明責任」は果たされているのだろう。


t="3087_125755955100.jpg" />
処で、当ブログでも触れた「道路工事は安全第一」の職員の対応、これでも良いとされるのか。
でも小生「国民年金生活者」腹が立っても「納税拒否」をする手段は無い。

2009-11-07 07:51:56.0 中越沖震災シンポ報告・5、ボラセンの役割

ボラセンの役割

災害が発生しますと「地域の社会福祉協議会」を中

心に、「ボランテアセンター」が開設され、

被災者の皆さんの要望を聞きボランテアの派遣対策を行う一方、お出で頂くボランテ

アの皆さんの把拍を行い、少しでも能率的救援活動を行う

役割を果たします。

しかし、多くの要望が殺到し的確な派遣作業が出来ないと、

災者の皆さんやボランテアの皆さんから批判を頂いている現実も有り

ます。


そんな事を最初期に書きながら私の行動に移らせて頂きます。



3087_125754695100.jpg
私はボランティアセンターのマッチング班で活動をしまして、ボランティアの不足事は現場へ出ていました。
支援物資の配送や、どんな作業をしていいのか分からないという所については、その状況確認に行っていた。
それから被災者の皆さんの不満状態の聞き取り応急危険度判定の黄色のところや赤の所にボランテアが来てくれないという方の対応等が、私の活動でした。
それから県や市役所に被災者の声の伝達、地元の社協の皆さんの云えない事を上部に、個人として行政の対応改善を訴える、いろいろなものを見まして、こうしなきゃ駄目だ、ああしなきゃ駄目だということを提言させて頂きました。



3087_125754771400.jpg
そして私は、なぜこんな一個人がこんな形でできたのかと云うと、三条の李さんや、県社協の横堀さんがお前も少し手伝えよという事で、この方達の多少顔見知りだったという事で、一介の大工がこういうボランティアセンターの中で仕事ができたんじゃないのかなと思っております。