ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-12-26 08:14:27.0 朝鮮半島情勢と倭国

朝鮮半島情勢と倭国

弥生時代に始まる階級社会は、地域の統合を進め、各地に「クニ」が成立した。
中国の「魏志」によれば西日本では二世紀後半に始まる 「倭国」  (わこく)動乱によって「クニ」の統合が進み、三世紀には「邪馬台国」を盟主とする政治圏が形成される。

「邪馬台国」の所在地には、大和説と、北九州説が有る。次に登場する 「倭王権」 は巨大古墳等で証される畿内大和にある。倭王権は四世紀後半には朝鮮半島に出兵し、威勢を半島にまで及ぼす「倭王権」としてである。しかし記紀で云う年代を信じる訳にはいかない。
3087_126178204700.jpg
初代神武天皇の即位は紀元前六六〇年で縄文晩期と成る。十代目の崇神天皇即位は紀元前九七年で、弥生中頭初期と成る。もし実在していたら、その在位を三世紀末から四世紀前半が妥当と成る。(560p)

国造(くにのみやこ)とは大和政権により設置された地方官の事を云う。『国造本(こくぞうほん)紀(き)』(古い資料を基に平安時代初期に成立)には大倭(おおやまと)国(こく)以下百三十六の国が有り、それぞれに国造が任じられていた。

大和政権が地方豪族を任じ地方支配を固めようとした意図で作り七世紀以前から存在し大化の改新により廃止されたとされるが、この制度が本当に有ったのか、いつから設置されたかの疑問も呈されている。

さて「越」(こし)には高志(こし)・角鹿(つのが)・三国(みくに)・江沼(えぬま)・加我(かが)・羽咋(はくい)・能(等(のうと)・伊弥頭(いきみ)・久比岐(くびき)・高志深江(こしふかえ)・佐渡の十一ケ国で有る。
国の所在地については古代令制の郡名から推定されることが多いが、遺物が出土しない事が多く確かな事は言えない。(587p)
3087_126178253900.jpg
十一カ国の名称で出てくるのは「高志」であり「越」ではない。この変化をどの様に捉えるかである。この変化は次項に在る大和勢力北進の結果と見るべきなのかである。

また、久比岐から頸城の変化を和銅六年(七一三)「続日本記」の「郡、郷名に好字を付けよ」と延長五年(九二七)「延記式」館二十二(民部式)の「郡里等の名、みな二字を用い必ず嘉名を取れ」の官命による変化と捉えるべきなのかである。

「頸城郡」の郷名の変化で「夷守」から「美守」は好名変化と見るべきなのかも知れない。

そうすると「夷」は使いたくない字と云うことになり、此の意味するところも大切かも知れない。

2009-12-25 09:07:00.0 皆で考えましょう

Mさんご意見ありがとうございます。

民主党鳩山政権の動きを見ますと、騙された様な気がしています。
これが日本の国民の姿なのでしょうか。

実は今小生、午後3時頃から放映されている、「歴史韓ドラ」にはまった状態
その中で、「国王と民」国益とは何か、考えさせられる「セリフ」が多くあります。
3087_126169909900.jpg
日本での「為政者」は本当に国民の為に「日本の将来」を考えているのか気に成ります。

今の日本では「テレビ等のマスコミ」の放映方針によって住民の「方向操作」が行われ其れに同化行動を起こす事が「先進的住民」の様な行動が気に成ります。

これ等からみると、野党でいる時の意見、政権を取ってからの意見、今の民主党と自民党の言い分、立場の変化を考えなければ、何も変わって居ない様に思います。
3087_126169935800.jpg
鳩山総理のお母さんに言いたい、そんなにお金が有るなら、2兆円日本に献金しませんかそうすれは「暫定税率」問題解決するのでは。

貧乏人はこんな事を考える。

そんな事は別として、私達国民は少しでも賢い行動がとれる様に、努力しようでは有りませんか。

2009-12-25 08:13:18.0 コシ・クビキと朝鮮半島、大陸・2

此の頃の日本の原住民(蝦夷)の同化政策には、好意的に考えれば、祖国を失った悲哀軽減が先住民に行われ、饗宴や叙階が行われたと思われるが、多くは武力制圧で懐柔後の生活に制限や差別が有ったと思われる。

それを物語るのが後の世に書かれた古代地図上の「えびす」の地名で有る。これは寂れた所の意とされるが、懐柔、制圧された原住民の生活区域「居留地」的地域で有った事は十分考えられ、後の世の差別の原点で有ったような気がする。
3087_126169618000.jpg
又畿内政権が、コシとされる地域への進攻、文化伝播が、中断停滞するが、此れらが朝鮮半島の内部争乱や、大陸との戦争等が影響して居た事も十分考えられる。
3087_126169627600.jpg

又、朝鮮半島の歴史的問題なのか、 「伽那王国」の建国から新羅・百済への移行征伐と「倭」との関係は非常に興味あるものと云える。

其処から考えると単にコシ・クビキの歴史は地域の問題としてでは無く、大陸を含めた国家間の問題として考える必要も有る。

2009-12-24 08:37:07.0 コシ・クビキと朝鮮半島、大陸

鉄の導入と傭兵輸出

 今から一万年前に始まる、世界的な気候の温暖化と海進は自然環境に大きな変化をもたらし、草原の縮小と、人類の乱獲による大型哺乳動物減少や絶滅を招いた。

また今は砂漠地帯と成っている西アジア地帯も氷河末期から後氷河期初頭にかけ温暖湿潤な気候が森林や草原が豊かな食料を支えていたが、増加する人口と乾燥と悪化する気候は西アジアから、採取、狩猟の生活から、農耕、牧畜による食料生産への変化が始まった。
3087_126161086500.jpg

この時代からアジアでは石器に変わり鉄器・青銅器が用いられた。

だが我が国へ伝わったのは数千年後の弥生時代であった。(394p)

 この時代わが国には鉄を作り出す技術はまだ伝わっていなく、朝鮮半島で精錬(大鍛治)したものが輸入されて居たと思われ、その代償に支払われた物は金銭や品物ではなく、武力いわゆる兵隊であったと言われている。
3087_126161127100.jpg

朝鮮半島は三国による争いの最中にあり国を守る為、兵力大切なもので有った。

3087_126161135600.jpgしかし半島の高句麗(こうくり)・新羅(しらぎ)・百済(くだら)の三国は互いに争うなか、大和と同盟関係にあった百済が弱体化し結局大陸で勢力を伸ばす「唐」に征服され多くの知識人は大和の国に逃げ延び大和の勢力圏拡大の為、働いたと云われている。(朝鮮半島における金官加那等の問題は後述)

2009-12-23 07:03:50.0 和人の誕生・2

 日本では紀元前三世紀に弥生時代が始まり、古墳時代へと続く、この時期に多くの人々が朝鮮半島から渡来してきた事は考古学や文献から確認されている。
3087_126151908800.jpg
 東大の尾本教授は「大和民族は主として朝鮮半島を経由して西日本入ってきた新モンゴロイドに由来し西から東に進むうちに先住民族との混血が起こった」としている。

アイヌ人はシベリアから数万年前に渡来した日本先住民で混血の少ない子孫と考えて良いとしている。(387p)
3087_126151929600.jpg
 多くの文献等でアイヌ人、蝦夷人、越の蝦夷と言われている、大和民族から見た原住民は明らかに日本先住民族で有り大和勢力の懐柔・武力制圧された人達でこの歴史的事実を研究する事は大切な事と考える。

多くの歴史書の中で淘汰された人々の記録は少なく困難な課題で有る事は云うまでもない。(宮澤)