ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2009-12-01 08:35:10.0 道は自分への教訓

友からの酒
10年くらい前、友達から「甕に入った酒」を貰った。
小生「下戸」に近い、酒はあんまり好まない。
友人たちとの「討ち入り蕎麦会」に持参した。


3087_125962283800.jpg評判大変良く、また飲みたいの要望大。
其れから年に一度は酒蔵を訪れたり、送ってもらったりしていた。

今年も時期が来た、先ごろ29日の夜に「とよ娘」での蕎麦会が有った。
27日、暇なので高柳町の酒蔵まで出掛けた。

天気も良いもで、牧、浦川原、大島、松代、高柳の山道を走った。

高柳に入り「門出の和紙」の里の入り口で「高志の生紙」の看板が見えた。


3087_125962306600.jpg
今までなら何の不思議も感じず通り過ぎたのかも知れないが「高志」の字が気になった。

「越国の謂れ」の中で「高志」と「越」は我らの地域の地名の由来に関する事、こんな事を考える間に車は通り過ぎてしまった。

酒を買ったら久しぶりに柏崎の社会福祉協議会に寄ろうと思っていたが「高志」が気になり同じ道を帰る事にした。
そして看板の掛る建物に寄ってみた。 



3087_125962322900.jpg

仕事中の職人さんに「高志」の意味の教えを乞うた。
親方が留守なので良く解らないがの理の上、 「高志」はこの地域の古来の呼び方、また「高い志」に通じるので付けられたと聞いているとの由。

是非親方が居る時再来をの付け加えが有った。

其処を後に大島の物産販売所で昼食にメニューA・B 蕎麦を食べ比べて販売所でそば粉を買った。二種類有り若干だが売値が違う。


3087_125962360300.jpg品質が良いと思われる方が安いのである。
どうしてかと店員に聞くと、出品者の希望で売値が付く、価値観については小生と同じかった。

約半日の行動だが、同じ道を同じ人間が走って居ても経験で感じる事の差が出てきた。
だから人生面白いのかも知れない。  


明日からは「クビキ・越」の地名問題のブログに成ります。