ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/04/15 07:58 政治家の感覚

国の政治家とは此の程度か。

今日から「越・頸城の成り立ち」で糸魚川方面の事を書くつもりで居ました。

が、新党の「略称」で問題が有った様なので一言。

昨日も書いた「たちあがれ日本」の略称が「日本」で届けたとかで、先に此の略称で届けていた「新党日本」の代表、田中康夫氏が憤慨している様子が放映された。
3087_127128582900.jpg
此れに関して「たちあがれ日本」の関係者が「田中康夫」なんかと「関係ないから知らない、」と無責任とも取れる要旨の発言をしていた。

なんと無責任な関係者だろうか、こんな人が「たちあがれ日本」を作って国民の信頼を受けられると思っているのだろうか、国政にかかわっている人達がこんなに「身勝手」な人達なのだろうか。

此れでは「自民党」は「自分党」と云われた人の集まりであった事も頷ける。
3087_127128586900.jpg
矢張り此れから「日本」を立ち上がらせようとするなら、手続き上問題ないとしても、もう少し細かい見識・心遣いが必要な様に思うが如何だろうか。

2010/04/14 07:54 もう此れしか無いのか「老獪力」

立ちあがったら可笑しく成った。

新政党が出来た。
3087_127119923800.jpg
凡人には解らないが、政党公認や比例代表で選出された議員が所属政党を「脱退」しても議員資格は奪われない「おかしな国」である。

自由民主党は「自分党」とも云われて居たと云う「政権」権利、利権に群がる人の集まりとも云われていた。

その政党が政権政党で無く成ったのだからそれも当然か。

自民党の支持団体の多くは 「政権」 の利権に繋がろうとした人達の集まりであり、何ら主義主張が有った訳ではない様な気がする。

そうすれば利権を失った政党を支持して行く、必要も無くなった事になる。

其れが今の日本の現状ではないか。

自由民主党の政権では「庶民」本位の政治が行われない。
住民の為に規制緩和等も住民本位で無い事に気付いた住民「立ち上がった」

民主党の公約なら、少しは住民本位に成るかと思ったが、此れも「可笑しな方向に」

約束された事が実行されそうなのは「子供手当」「高校の授業料無料化」だけの様
高速道無料化・ガソリン暫定税率・沖縄基地問題、何か可笑しな方向に。

日本の政治は政党の都合のよい「国民」の為だけの政治か。

国民が「立ちあがって」政権は変わった。だが政治の本質は何も変わっていない様な気がする。
3087_127119900600.jpg
今度国民が「立ちあがれ」ば、何が出来て、何処に行くのか「日本と云う国」

「あ」取れなければ良いが。

2010/04/13 07:30 認識力・反省力・浸透力

認識度と自覚

4月10日,自民党県連の街頭演説に出有った。
交差点で赤信号、止まった、30秒位の短い時間だった。

弁士は「自民党は中央では可笑しな動きをしているが、新潟県では堅実な動きをしている」が要約。

3087_127111130400.jpgだが待てよ、今回の衆議院選では県内6選挙区で全敗。北信越選挙区での「復活当選」も出来なかった「完敗」では無かったのでは。

それでも何とか比例第一位の「元山古志村長」は当選出来た。
其れで新潟県の自民党は「堅実」なのだろうか。

来る参議院選で何とか「一議席」確保の為の強がりなのだろうか。

本当に現状巴拍が十分なら「今回の衆議院選での完敗を反省の基として、何とか県民の皆様の声を国政に繋げる為に努力して行きます。その為に皆様のご支援をお願します」とするだろう。

県連が堅実に動いて居れば復活当選の一名位の実績が有ったはずである。

その反省も出来ない県連や県議で果たして「県民」の意見をどの様に国政に繋げるのだろうか。
3087_127111136000.jpg
国政に於いても与党時代に野党が云っていた事「数の横暴」「繰り返して」云うしか能が無いのかと思うのが現状。

何故自分が政権を失ったのか、国民に見放されたのか。

選挙区選挙で敗退したと云う事は、地域に信頼されて居なかったからである。
その認識力が足りない様に思う。

現状を正しく認識する事が、再生に繋がるのでは。 

2010/04/12 07:25 独創力・咀嚼力・応用力

指導者の咀嚼力

上越市の入浴施設等の経営問題が検討されたとの報道が有った。

旧町村時代、物真似的休養施設が競って作られた。
3087_127102467200.jpg
湯場の暖簾は「金太郎飴」であったのか。

此れだけで無い、住宅団地・工業団地・歴史博物館、 「独創力」の有る町村で作られると、我も我もと、公共事業で作りあげた。

自分の発想で無く、只々物真似で似たり寄ったり施設が作られた。

住民にも、指導者にも独創力、知恵が足りなかった。

住民が,「隣村に有れば、おらが村にも」そんな要求に応えるのが「良い首長」とされた。
住民もその程度でしか無かった事になる。

何故そんな事が起きたのか、其れは指導者達に「応用力」「咀嚼力」が欠けていたのである。

二番煎じでも設置者に咀嚼力が有れば其れなりの特徴が出せる。

単に物真似だけの「地域づくり」が大手を振って歩いていたのである。

そんな町村が「13」吸収されたのだから、収益が上がらない「赤字施設」が有るのは当然。

此処にしか無い施設、此処だけのサービス、そんな知恵も中々出ない。
出さなくても給料だけは頂ける。

自治体運営だから「従業員」の真剣度も足りない。
民間なら、とうに倒産だが、住民感情から営業停止も出来ない。

何時誰が英断を持って「施設整理」が出来るのか。
3087_127102471200.jpg
我が市でも「仕分け人」が必要である。

その時、町村時代の、独創力・咀嚼力・応用力が物を云うのだろう。

2010/04/11 11:22 雪が解けると、水それとも春。

雪が解けると、春

待ちに待った桜の開花・雪国の桜の開花は、つらい冬から解放された「季節」、待ちに待っ季節である。
3087_127093893700.jpg
「桜咲く」は希望がかなった時の表現。

1977年、衆議院予算委員会で「雪解け問答」が有ったと聞く。
質問したのは当時の新潟県4区選出、社会党代議士木島喜平氏、答えたのは文部大臣だった海部俊樹氏。

「試験問題で雪が溶けたら」と聞かれたらの問に「私なら水に成る」と答えたとか。

「其れは正解でしょうが」雪国で「春になる」が住む人の気持ち。

「理」の世界と「情」の世界の話とする「語り草」と成っている。

昨日の観桜会場、多くの宴会が開らかれたろう。

花見会場には泥酔者が多い。高田の花見は4月に入ってから、新入社員、大学の新入生、今まで酒に縁が無かった若者たち訳が分からず酒を飲む、いや飲まさせられるが本当か。
3087_127093897600.jpg
悪酔いした時の苦しさ下戸での小生何回も経験した。

又花見会場の酒は冷酒が多い「親の意見と冷酒は後から効く」冷酒は飲みやすいが後が大変。

折角迎えた春「ほどほど」が大切だと思うが、待ちに待った春「羽目を外す」人も多いのが現実か。

でも家族で楽しむ観桜会も多く成った。家族や友達、恋人同士で高田の桜を楽しんでほしい