ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2010/04/05 06:39 地域名の変化・妙高市妙高の巻

妙高の変化
地域名は明治20合併後・・・合併前・・・明治以前
      妙高村・・・・概ね大崎郷・上板倉郷
3087_127041714000.jpg
妙高村 S30年から平成年代の村。関山村、豊葦村、大鹿村、原通村の一部が合併して構成。平成の合併で新井市と合併、妙高市の一部となる。

 関山村 M22~S30年の村 当初大字を構成しないがM34年境村、原通村の一部を合併し、関山、大谷、桶海、坂口新田の4大字地なる。

  境村 M・22~M34年の村。桶海、大谷、兼俣新田で構成。M34年大谷の一部が蔵々に兼俣 と名香山村に、残りの大谷と桶海は関山村に一部となる。
 
大鹿村 
M22~S30年の村 大字を構成せず。S30年の妙高村の一部となり、大鹿、住吉の大字となる。
 
豊葦村 M22~S30年の村 土路、樽本で構成。S30年の妙高村の一部となる。
 
原通村 M22~S30年の村 坂口新田、小原新田、大沢新田、大原新田、北田屋新田、坂下新田、寺尾、今府、窪田新田、西田屋新田、中原新田、上大塚新田、中島新田、米島新田、花房、東福田新田、東四ツ谷新田、橋本新田、岡新田、田中村新田、葎生(もぐろ)、上中村新田で構成。

M34年 、坂口新田が関山村に、S30年小原新田、大沢新田、大原新田は関山村に合併

2010/04/04 07:22 地域名の変化・妙高市新井の巻

新井から妙高への英断

地域名は明治20合併後・・・合併前・・・明治以前
      大崎村・・新井市・・大崎郷及び上板倉郷
大崎郷及び上板倉郷の一部
3087_127033330400.jpg
新井市 S29年、新井町、斐太村、矢代村、鳥坂村、泉村、平丸村、水上村、上郷村、及び和田村の一部が合併して成立、
 
大崎村 新井、小出雲、石塚、中川、西稲塚新田(稲塚)で構成。
  
新井村 M23~M24年の村  大崎村から分離独立。


小出雲村 M・22~M34年の村。 大崎村から分離独立。

新井町 M25~S29年の町。新井村から町制に。M34年大崎村、小出雲村を合併。M40年参賀村を合併。大崎村 M・22~34年の村。 
 
斐太村、M22~S29年の村。飛田、飛田新田、岡崎新田、十日市、乙吉、籠町、神宮寺、宮内、雪森、青田、稲荷で構成。M34年西郷村を合併。
 
 西郷村 M・22~M34年の村。南葉山の南東山麓。五日市、上四ツ谷、谷内林新田、上八幡新田、新保新田、坂井新田、藤塚新田、梨木、土田、猪野山、小丸山新田、長森、、三俣で構成。M34年斐太村に合併。

矢代村、M22~S29年の村。菅沼、西菅沼新田、西福田新田、三本木新田、東志、上中、志、窪松原、両善寺、西ノ屋新田、西ノ屋、岡沢で構成。
 


3087_127033318900.jpg

2010/04/03 06:39 地域名の変化・浦川原の巻

浦川原区の変化
 地域名は明治20合併後・・・合併前・・・明治以前
浦川原区・・浦川原村・・保倉谷
3087_127024415800.jpg
保倉谷 総村数二十ヶ村
 南西は山五十公野郷に、北は下美守郷に、東は松ノ山郷に堺。此の谷と西浜七谷を合せ頸城八谷と云。
幕府領 脇野町支配
 有島村(浦川原)・釜淵村・虫川村・顕聖寺村・上猪子村(かみいのこむら)・下猪子村・坂山村・上達村・下達村・岡村
大平村・田麦村・東又村・小谷島村・大栃山村・杉坪村・中猪子村・蒲生田村・
下柿野村・上柿野村(此の二ヶ村、山五十公野郷とも云う)


浦川原村 S30年から平成に合併までの村 下保倉村と安塚村の一部が合併して構成。S30年牧村平山の一部を編入。平成の合併で上越市に合併。
 
下保倉村 M23~S30年の村 有島、釜淵、顕聖寺、菱田、長走、横川、六日町、日向、上柿野、下柿野、大栃山、東俣、杉坪、桜島、岩室で構成。

2010/04/02 10:25 旧友からの便り・キハ52

旧友からの便り

昨日、旧友からテレビ出演?の便り。

3月12日JR線のダイヤ改正で、色んな列車が一線から退いた。
大糸線の「キハ52」もその一つ。

大糸線の「平岩駅」元駅長。
以前も大糸線沿線の話題では顔を出していた。

友とは今から約40年前新潟県連合青年団の活動で、復帰前の「沖縄交流」に出掛けた仲。
何年に一回の顔合わしかないが、便りは矢張り懐かしいもの。

どんな顔が画面に出るか、皆様もご覧あれ


3087_127017145100.jpg

2010/04/02 08:23 地域名の変化・安塚の巻

安塚区の変化

地域名は明治20合併後・・・合併前・・・明治以前

   安塚区・・・安塚町・・・山五十君公郷     (安塚村)
     (小黒村)
     (小切戸村)
     (沼木村)
     (行野村)
     (菱里村)
     (船倉村)
山五十君公郷は牧区参照
3087_127016407700.jpg

安塚町 S30年~平成の合併までの村 安塚村、小黒村、菱里村が合併して構成。 平成の合併で上越市に合併。
3087_127016414600.jpg
 安塚村 M23~S30年の村 安塚、上方、下方、石橋、牧野、松崎、板尾、袖山、本郷、和田で構成。
 
小黒村 M34~S30年の村 小切戸村、沼木村、行野村と安塚村和田が合併して構成。
  
小切戸村 M22~M34年の村 小黒、切越、戸沢、斧沢、大原で構成。M34年小黒村を構成。
  
沼木村 M22~M34年の村 朴木、菅沼で構成。M34年小黒村を構成。
 
行野村 M22~M34年の村 大字構成せず。M34年小黒村を構成。
 
菱里村 M34~S30年の村 船倉村、豊坂村、真萩平村、須川村で構成。
  
船倉村 M22~M34年の村 上船倉、下船倉で構成。M34年菱里村を構成。
  
豊坂村 M22~M34年の村 二本木、高沢、円平坊、樽田で構成。M34年菱里村を構成。
  
真萩平村 M22~M34年の村 真萩平 信濃坂で構成。M34年菱里村を構成。 
  
須川村 M22~M34年の村 大字構成せず。M34年菱里村を構成。