ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011-01-31 15:05:22.0 非常時は原始生活の知恵の活用

今朝の停電、女房は使っている、就寝用暖房が冷たく成ったことで、気付いたようだ。
3087_129645377600.jpg
小生朝の仕事は、薪奉行から始まる

その後除雪に入る。
朝はそんなに早く起きない、今日は早く6時30分に起床、停電に気付く。

小生、就寝用暖房は必要ない、電気毛布、あんか等を使うと「鼻づまり」と成る。

親の最後の「一滴」で出来たとか、末っ子の長男だが、丈夫な体を授かった様だ。

停電に気付き、どの程度か確認に総合事務所に固定電話を使ったが発信無し。

家の器具、以前は使えたはずだが、駄目だった。

昨年5月、 「便利ずくめ」の様な説明で光回線に替えた。
3087_129645382000.jpg
これが原因かと、携帯で総合事務所と連絡、停電実態を知った。

便利な生活にもこんな落とし穴。

オール電化生活・電気使用の暖房・電子式トイレの水が流れない等の問題が起きる

今朝の女房、トイレの水が流れないと、風呂水を運ぶ、レバー操作で簡単に流れる


ライフラインが止まったらいち早く「原始生活」の実行が肝要。

それも生活の知恵、だがIP電話の「停電時」使用不可、の現実小生は知らなかった。まことに申し訳ない事。

聞く処によると「アナログ回線」は停電でも使えるとか。
3087_129645387200.jpg
2回線使用の場合、一本はアナログ回線にしておく知恵も必要。
携帯電話も中継所のバッテリーが切れれば使用できない事になるとか。

そうなれば、連絡等にも事欠く事に成る。

便利な生活も大きな落とし穴が有る事を知っておく事が大切な様だ。

なお、小生の地域の停電解消は7時過ぎでした。

2011-01-30 20:12:02.0 30日は異常降雪。

今日は異常豪雪の中、高田大町で雪降ろしでした。

昨日一日、積もった雪を排除、地上すれすれまで、雪を飛ばして来た

朝自宅付近は約30cm強の積雪、それを片し7時45分に出発。
人夫4人と、小型ピーターで約120坪の屋根雪を片した。

降ろした雪の高さは4m近く、平屋の軒先に付きそうな位

帰宅したしたのは午後6時過ぎ、昼間の降雪約50cm、それを片さなければ車庫に車が入らない状態。

その上、午後7時30分過ぎ頃、当地域に「大雪警報」。明朝まで50cm位積もるらしい。

昨日までは、少し大雪、位の対応だったが、一日で驚異的積雪と成った当地域。

もういい加減に、降りやんでくれが心情。

大町の町屋の皆さん、其々知恵を出し、屋根雪おろしに挑戦中。

頭の下がる知恵も有る。

行政の皆さん、皆さんの豪雪対策は十分ですか、何か欠けていませんか

2011-01-29 08:36:36.0 町屋、自己防衛雪降ろし多数

一斉雪降ろしが、来月の5.6日に決まった様だが、この土日、豪降雪、の予報気になる。

一方、市行政は28日、警戒対策本部を「大雪災害対策本部」の格上げ設置した様だ。

旧市内を走って見ると、一斉まで待てないと判断された町屋で,雪降ろしが始まり、車線片側占拠が見られる。この土日この情景もっと増える事だろう。
行政対応が遅いのだから「個人防衛」しか無いと思われる、仕方ない事か。

上越市も限界に近いと思われる中、小生生活地の「車庫」等の雪降ろしがされない所も有る。

湿った雪なので、軒先から大きくはみ出している、相当の重量。

何と辛抱強いと云うか、「むこうみず?」と云うか。

積雪1,5m以上の地域で、雪降ろし前の方は早急な、雪下ろしをお勧めする

出来ない方は、物置、車庫の中央部に支え柱を入れて下さい。
3087_129625769600.jpg 3087_129625771400.jpg
そして屋根からはみ出した雪だけでも、落として下さい。

町屋で限界と思われる方で、部分的に雪降ろしをされている住宅も有る。

此れも生活の知恵、道路の通行に差し支えない程度、で少しずつ対応される事も大切。

住宅でも、建具閉まりの不具合等が有ったら、支柱を入れるとか、出入りの業者に一言、検証を。

行政をあてにせず自分の周りは自己責任で守る意識が大切な様です。

くれぐれも安全対策をお忘れなく

2011-01-28 08:34:19.0 危険な家に住んでいませんか。

昨日ブログを書いた後、高田大町に出掛けた。
先日友人宅の一部の雪降ろしをした。
大工としてその家等の弱い所が分かっていたので、弱い所だけの対応をした。その後、29日か30日頃全面的な雪降ろしをしたらと、家人に伝えた。


しかし、もう少し向こうでも、の返事だったが、27日雪降ろしの対応をしてくれの要望が有った。
土日に人員確保をしてあったが、先延ばしの意見で、予定変更をした後、再度の手配と成った。

夕方には何とか人員確保の見通しが付いた。

処で皆さんの住宅はどんな状態ですか。

一斉除雪は2月の第一土日とか。それまで大丈夫ですか。

こんな住宅は十分注意を。

周りの住宅より低い家は、雪が吹き込む可能性が大きく、積雪が多い事が多いのです。

庇が多い家は、上階の軒先だけでも雪をおとして下さい。
3087_129617113600.jpg
軒先の雪止め金具前の雪が、一気に落下する事が有ります。

その場合庇に、過大な荷重がかかり、垂木折れ、垂木受けが破損する可能性が多いのです。

どんな作業をするにも自身の落下事故、落ちる雪に巻き込まれない様,十分注意をして下さい
3087_129617088200.jpg 3087_129608382300.jpg

上越市の災害対策は十分なのでしょうが高田大町、東本町寄りの「町屋看板」の有る家周りの家より低く積雪が多い様、老婆心から一言。

2011-01-27 08:17:47.0 一斉雪降ろし・気の抜けた非常対応協議。

上越市高田地域の一斉雪降ろしを、2月4・5日に実施すべく町内会長の意見を27日聞くらしい。小生から見たら非常に気の長い話・気の抜けた話合いのい様に感じる。

一斉雪降ろしは「緊急事態対応」「非常事態」の対応で有るはずである。

行政情報として現状の「屋根雪重量」が非常事態に当たるかどうかである。

その中で、車庫や庇の雪害が何故起きているのか、検証対策が必要である

10日も後の事を協議するには、今後の気象情報が重要に成る。
報道によれば今度の土日曜頃、大雪が予想されている様だ。

こんな事からの「一斉雪降ろし協議」なのだろうか。
雪降ろしには、行政の排雪手配、各家庭の人的手配・町内会の対応、此れら、どれが欠けても困るので「長期間対応」なのだろうか。
3087_129608376000.jpg 3087_129608378000.jpg
豪雪も非常災害対策・地震や水害も非常事態対応、今度の土日曜の対応が出来ないはずもない。
此の対応、現状は雪おろしが必要無いとい事なのだろう。

我々豪雪地帯住民として必要な事は、理論は別として、生活住宅より、車庫・倉庫、雁木等の庇が、降雪耐力に劣る事を知り対応すべきである。
3087_129608382300.jpg
小生、此の一週間に高田大町・南城の知人宅の雪降ろしをした、云える事は今年の雪は「非常に重い」と云う事である


自分の家の状態を知り対応する事が肝要の様です。