ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011-04-30 21:28:43.0 新地町3日目活動報告

連休に入った30日、新地町近隣のボラセンは人余りの状態、受付制限さえ行われている処も出てきました。

他県ではどんな状態なのでしょうか。

多くの作業は、漂流物の整理や、用水などの側溝のヘドロ上げ。

文句も言わず異臭の放す、物の整理、頭が下がります

小生今日の作業は、ボラセン運営の手伝いや備品整備等明日は写真で成果物を氷解できると思います。

やっとボラセンでも顔を覚えて貰えたのが実情です。

津波被害が有った土地は色が黒光りと云う状態です

その境目、写真でわかるでしょうか
3087_130416642000.jpg

2011-04-29 20:51:27.0 新地町2日目活動報告

今日の検証作業は3件でした。

新地町の人口8221人・2614世帯の町です。

震災津波で死亡したり。行方の分からない方が116人だそうです。

今日も、警察・自衛隊の皆さんが懸命の捜索をされていました。
ボラセン活動は難しく・何故他の御宅よりボランテア派遣が遅いのか、人数が少ないのかの不満が聞かれます。

そんな不満を聞きながらの作業の事も有ります。

今日の検証作業は、屋根がわらの取り除き、損壊した付属屋の方付け、裏山が崩れたかたずけが出来ないか等でした。
3087_130407783900.jpg

どの作業もボランテアの作業では危険が伴い、専門職の依頼、行政との作業検討等を薦めるべきとの報告書を書きました。

午後6時30分にはホテルに帰りました。

2011-04-29 05:44:19.0 災害支援活動2日目開始

今日は午前6時半新地町に向かいます。

何処までお手伝いできるか、今日から本番です。

三条から再び指導者が来られるとか、何とかスムースに動きたいと思っています。

2011-04-28 18:20:30.0 現地支援活動報告・福島県新地町

新地町は太平洋岸、宮城県地の県境に有ります。

本日午前10時に現地に入り、2件の調査を行いました
午後は新地町の被災地全般の様子を見聞しました。
3087_130398152300.jpg

海岸線より2~3km位な地域は全滅状態。
3087_130398236800.jpg

残存した住宅でも一階天井まで浸水被害が有った様です

被災地の皆様が、自分の住宅等を、どの様に直したいのか等聞き取り調査等も必要な様です。

現地での宿泊場所確保は困難であり、60km位離れた福島駅付近からの通勤となります。

当分安全第一で福島で活動して居ります。
上越の情報等コメント等で知らせて頂ければ幸いです

2011-04-26 07:33:37.0 弟の勤めから、ボランテア活動へ

4月24日、姉の49日法要を執り行い、草庵墓所に納骨させて頂いた。

関係御寺院・町内会の皆様の、お世話で何とか納骨まで行う事が出来た。

我が親族、高齢者が多く、皆様に、「おんぶにだっこ」の状態だった。
その親族も其々の、生活地に帰って行った。

我が、家愚妻と二人の生活に戻った。

震災地へのボランテア活動も出来ず、弟の勤めに専念させて頂いた。

我が身自由に成ったので、ボランテア団体と連絡を取り明日27日、福島県新地町のボラセンに向かう。

活動は28日午後に成るだろう。

連休には多くのボランテアが活動されるとか、その前に少しでも「安全対策」を行い、被災地支援が出来ればと思っている。

昨夜、先日のブログを見られた仲間が、「カンパ」を持参して下さった、感謝である。

さし当たっての活動期間は5月8日までを予定しているが、現地の状態で変わる事が多い。

被災地、宿舎確保が困難、何とか福島市内に拠点を確保居出来た、片道約70kmの通勤?と為る。

老体である安全第一で行きたいと思っている。

尚活動内容は随時ブログで紹介させて頂きます