ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011/07/14 18:12 地域懇談会を傍聴して

市が行っている「地域事業費」の見直し、此れの地域別説明会が開かれている。

14日午後、清里区で、三和・牧・板倉・中郷・清里各区の地域協議会委員を対象に説明会が行われた。

参加委員は25名位であった。

冒頭、この見直しに係わる議員の、発言者が誰かが、担当部長から発表された。昨年9月議会で、検討すべきとの発言が有った様だ。

当初説明の氏名は間違いで、途中でこの発言者は、清里区選出議員の笹川氏で有ったと訂正された。
3087_131063456800.jpg

この発言の経緯は解らないが、今回の担当者の説明によれば、この議員発言で、見直し作業が始まった様に感じた。

又担当部長は、今回の合併は「地域事業費」だけで行われたのではない、との見解を示した。

此の根拠は平成16年7月、今回の合併協議会が作成した「新市建設計画」の記載されて居ないのが、根拠の様だ。

然し旧13町村いや、少なくても清里村ではそれに付随する、新市建設計画の一覧表が示され、此れが「地域事業費」とされ各町村の合併後10年間の事業が担保されたとの理解で居た。

だが今回市行政が「基本計画書」の記載されない事項は、約束事では無いとの論拠を示すなら、今後当市での各種計画書は、細部まで記載した、膨大な物と成らざるを得ないだろう。

其処には住民と行政との信頼関係が無くなることを意味している。

上越市の行政は今回の見直し作業で、住民に此れを公表、住民不信を増大させたと云えるだろう。

2011/07/12 06:26 議員の資質と選挙民の見識

今上越市で話題となって居る「地域事業費」の見直し、9日の勉強会等を通して色んな事を知り得た。

正式のコメントでは無いのだが、断片的な情報、市議も地域協議会委員も色んな事を話す。

但し、自分に都合の良い部分だけかも知れない。

だが、全体を繋ぎ合せると、全容が見えてくる。

在る市議は、10年間で予定した「地域事業費」13町村のうち2町村が既に、予定金額を超えつつあると云う。

他の議員は「地域事業費」見直しを、市長に云いだした議員は、13区選出の議員で有ったとも云う。

その言い出しっぺらしい議員、今は一生懸命、見直し慎重論を展開する。

然し、自分の区の地域事業の目玉は大方終わって居るとも話す。
地域事業の期間は10年、7年経っているのだから目玉事業は目鼻がついて居るのが当然

このマッチポンプらしい議員、本当に市や、地域全体を見渡した活動をしているのだろうか。

だったら自分の本当の考えを示すべき。

3087_131041956300.jpg


それで審判を受ける覚悟が必要


八方美人的行い、如何も来年に迫った、全市一区の選挙の対応を優先して居る様にも思えるが・・・。

2011/07/11 07:42 予報の進化?

予報各種

昔から
天気予報

3087_131033746200.jpg

現在
電気予報

3087_131033749400.jpg

此れから
放射能予報

3087_131033753300.jpg


近未来
自然大気呼吸予報




3087_131033756300.jpg

2011/07/11 06:42 土地開発基金を悪者にするな・職員能力が問題

上越市大合併の約束事「地域事業費」此れが反故にされようとしている。

最大の原因は、財源不足。

要は、歳出要因が、歳入より多すぎる事

然し10年間は「合併特例債」等で地域の事業を約束するものだった。

各町村の、基金、借入金等の財政事情を勘案して上越市を含む「合併推進論」者によって、合併反対派を説得する為に作成されたものと云っても過言でない物。

上越市の財政不安の最大原因は「土地開発基金」の財源問題と云われる。

多大な借り入れで、元利償還金が上越市の財政全般を圧迫している。其れに上越市街地域の再開発・新幹線がらみの財政費用が多大に成って居る事、等らしい。

でもこんな事、合併以前に解っていた事がほとんど、要は財政見通し確実にできて居なかった事と、多大な釣り餌、策定費用が要因。

財政計画をたてた人達の「能力不足」が最大原因

だが当事者に成ると、こんな事も云っているらしい。

土地開発基金で、多くの土地買い入れを行ったのは、「前々市長」時代、こんな市長を選んだ市民が悪い、との論法らしい。
 
でもここの論者、前々市長、某氏の寵愛を受けて今の立場が有るとの見方もある。

2011/07/10 19:08 上越市行政職員の資質と責任感は

昨日9日清里中学校の竣工記念式典が行われた。

何故か記念式典に付き物の、業者に対する感謝状の贈呈が無かった。

如何してだろうか、此れは、設計業者や、行政の監督不行き届きで、設計書通りの施工が行われず、再工事等が行われた事に起因するのでは、と思われる。


M設計業者は如何したのか、祝賀会には顔を見せなかった


よほど忙しかったのだろう。

行政関係者は副市長・教育長等が参列していた。

3年もたたず、外壁の一部が変色を始めた校舎、今後の手入れが大変だろう

何故こんな建物の設計が行われたのか、今後の検証対策が必要である。


今日10日、上越市の合併時の約束事「地域事業費」見直しに対する勉強会が開かれた。

其処で話題に成ったのは、行政職員の能力不足・責任感の無さであった。

皆では無いだろう、無責任な、能力の無い指導的役立場の職員、この為に多くの能力ある職員まで、「役立たず」と云われるのは気の毒である。

能力ない職員よ、貴方達が居るだけで、どれだけの市民や、やる気のある職員が迷惑しているか考えてほしい。