ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2011-09-25 20:51:55.0 我が地域は「頸城地方」である

新幹線駅名に対する動きや提案が多い。
だがその提案、どこか下心が感じられる。

高田・妙高・謙信・等‥、まだ上越が多くないだけましか。
この地域を「云い現わす表現」は、なんなのだろうか。

もっとも古くから使われて居たのは「クビキ」なのではないか。
この地域名少なくとも1300年以上の歴史ある地名である。


この地域名を最初に村名として、使ったのは明治22年の合併で大瀁郷の約30の村落が合併し使われた「頸城村」、然し明治32年の合併見直しで「大瀁村」に吸収合併が為され、この村名は無くなったのである。

然し昭和30年代の合併で大瀁村と明治村が合併し「頸城村」は平成の合併まで存在したのである。

この地域を代表する地名「頸城」が何故・直江津・高田が合併した際なぜ使われず「上越市」の成ったかを考えるべきではないか。

歴史ある地名を使わず、歴史の浅い地名を使わざるをえなかった、それは誰も云わない、触れたくない、部分なのかもしれない。

それは、使いたくとも先に使われていたからでは無いだろうか

「上越市」そんな地名も使われ出した40年を経過「愛着」を持たれる地名と、云う人も居る。

漢字表現は色々ある「頸城」「久比岐」だが後者は柿崎区に存在する「高校名」に使われてしまった。

そんな事で、誇り高い「上越市民」は「クビキ」を、使いたくは無いのであろう。

「高田」はこの地域を包括する「地域名」では無いと小生は思っている

だがもう一度訪れる「大合併」この時の新市名は如何為るのかである。

妙高・糸魚川・上越この包括的地名は「クビキ」以外には考えられないと思う。

そうすると、我が地域の新幹線駅名は「クビキ」がらみ、なのではと考えている。

2011-09-24 18:46:39.0 過去の間違った道を歩むな。

地域事業費の見直し削減から、今度は不採算施設の整理等が話題となって来た。

此れは当然と云えば、極当たり前の成り行きとも云えるのである。

7年前の合併、今後の弱小町村の財政圧迫が目に見えてきた、此れは当時の多くの町村で行われた「横並び」物真似施設建設で、自分では住民に倹約政策を云いだせなかった、合併を推進した「為政者」無能力が辿りついた道だったのである。

3087_131673484100.jpg

住民には10年間の「地域事業費」で地域の必要事業は担保されたと説明した。

だが此処に来て、事業見直し、削減、不採算施設の統合廃止は、健全財政構築から考えれば、ごく当然とも云えるのである。

だが全市的立場で物を見れば、今の行政対策は、多少規模は大きく成ったが合併前の13区が不健全財政に立ち入った経過と酷似して居るのである。

住民に我慢を求め、本当に地域発展の為に必要な事業を見据える必要がある。

上越市は全国的に見ても、全県的に見ても、ローカルな過疎的地域にすぎないのである。

この認識を確実に持ち、地域内分権を確実に成し遂げた時、全国的に注目される都市と為るのである。

此れには地域事業費削減から得た資金で、中心的地域に「文化産業施設建設」は過去の教訓を踏みにじる物と云えるのではないだろうか

2011-09-22 11:08:08.0 高田が発展すれば、頸城は延びる?。

昔から、高田、直江津の市街地は、周りの農村地域で生き延びてきた。

要は、農村地域が、高田、直江津を持ちこたえて居た事になる。

だから、農繁期に為ると町は閑散とし、田植え後、取り入れ後「高田の町でジョンノビ」買い物、映画、一杯のラーメン、此れが楽しみと為っていた。


3087_131665723400.jpg

だが今は違って仕舞った。

買い物は郊外の、ショッピングプラザ、高田本町に出掛ける必要は、殆ど無いのが現実

高田地域の衰退は、時代変化で住民要望に、そぐわない町と成ったのである。

其処に、13区から取り上げた資金で「文化施設」何のために、リージョン有り、文化会館有り、図書館も二か所、20万都市になんでそんなに多くの「同類施設」が必要なのか。

新幹線の新駅周辺の開発、金はいくらあっても足りないのが市の現実

そんな中、公共投資、何のために、「公共投資で建設業者」が潤う為か

上越市を牛耳るのは「TTK」とも云われるらしい。

それなら市政の方向が見えてくる。

 「市民がど真ん中」とんでもない「誰がど真ん中」の市政なのか
こんな市政に、地域全体の発展等有り得ない、その現実が13区の「資金巻上げである」。 

2011-09-19 06:35:22.0 委員と云う議員の考え方。

先日の請願審査の上越市議会の委員会、此処に正式に参加されて居る議員の皆様は、委員呼ばれます。

さて此処での持論展開、早く云えば、住民立場の発言と、市長立場の発言に二分されたと思います。

住民立場の発言は、未だ住民説明が十分ではない、又地域事業費は合併時の約束事であるから、守られるべきものであり、最住民説明を細かく開き「住民理解を深めるべきである」で有った。


此れに反する意見の一部は、住民説明を求める、趣旨は理解できるが、行政の方向が確立され、削減された経費の使い道が明らかにされた今になっての説明会は遅すぎ、「住民に混乱を招くから、行うべきでないで有った。

これ以上に、住民説明を「住民が理解できるか」と取れる様は、住民を見下した意見も有った。

又住民説明は、議会、町内会長会、地域協議会、で説明され、これで十分ではないか、事業削減等の該当地域での住民説明は、町内会等で説明されているからの意見も有った。


だが然し、大切なのは、個別の廃止事業、等の説明より、合併時の約束事「地域事業費」を廃止、見直ししなければ為らなくなった、原因説明、で有り、議会議決を何故省いたのか等、基本的、 「行政、議会」の対等関係の説明が行われて居ない事に処に、問題が有るのである。

それに気付きても云いだせない議員が多いのではないだろうか

要は市長派と云われる議員の必要性である

2011-09-17 07:44:00.0 飴玉で主食を奪われた13区・地域内分権の危機

前にも書いた、上越市村山市長の政策、地域支援事業、この飴玉で地域事業費と云う、地域本来の開発計画の行方に注視が必要とした。

3087_131621271100.jpg

3087_131621272700.jpg

今回進められている、上越市の財源確保問題、地域事業費の見直し等により約50億円財源確保がされたらしい、そのうち約80%は13区の地域事業費減額によって生み出されたらしい。

その主な使途が、上越市高田地区に建設予定の「大規模イベント施設」らしい、16日の議会委員会の「地域事業費問題」の住民説明の請願審議の場でも、施設建設計画推進の目途が付いた現在、住民説明が馴染まないとの趣旨の、委員発言が有った。

今、上越市民は「地域内分権」を取り上げられ、木田庁舎中心主義の「中央集権」を、押し付けられようとしている。

特に13区は、約4億円で数10億円の地域開発資金を「木田庁舎」に取り上げられた事を肝に銘じるべきである