ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2012-05-25 13:04:14.0 次姉が12歳下の妹の墓参りに来る

次姉が末姉の墓参りに来ると電話が有った。

小生より15歳上で84歳となり福島県在住。

原発事故で避難も考えた様だが、避難はしなかった。

病気で車椅子生活、そんな所為もあるのか。

近くに嫁いだ娘が面倒を見ている。

昨年亡くなった末姉と12歳違い。

動けるうちに、墓参りと考えたようだ。

庵主だった末姉の草庵もお盆過ぎには取り壊しとなる。

そんな事も有っての訪問の様だ。

宿泊は三和区の宿泊施設が気に入って居る様だ。

兎も角、天気に恵まれてほしい。

2012-05-24 19:58:10.0 アクセス10万回を超えたようです。

ブログを始めて3年弱

投稿回数847回

昨日の段階では3万回と思っていた。

今日になると驚異的は数値。

アクセス数が10万回に成っていました。

好き勝手な行動、云い分、良く見て頂けると本人も思う。

この数値何かの間違いなのか、とも思う。

数値は自分ではどうにもならない。

2012-05-23 13:15:48.0 本当に大切な事は・・・。

天体ショーに浮かれ・スカイツリーの完成、ライトアップの姿映し出される。

一方夏の電力不足の対応策が打ち出される。

震災被害地の瓦礫受け入れ。

県知事と受け入れ表明の5市との軋轢。

原発電力に頼った、国作り・地域創り。

危険な物を安全と云って来た、国や関係機関。

何時か出るはずの、安全神話倒壊、震災で表面化。

福島だけではない、宮城、岩手等など・・。

被災地は瓦礫の山。

何とか片さなけれならない事は誰でもわかる。

焼却灰の放射能、どうするかの議論。

危険な物に頼ってきた責任。

いやな物には係わりたくない。

それで良いのだろうか。

全ての責任は私達にあるはず。

日本を守る。

利己主義は許されないのでは無いだろうか。

2012-05-21 07:51:38.0 37分頃の姿

2012-05-21 07:31:20.0 7時25分デジタルカメラで撮影

例のマルチシートを使って自前のカメラで撮影しました
3087_133755302800.jpg