ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2012-07-25 20:15:04.0 これって教育者の常識?

今日午前中、近くの小学校の非常サイレンが短く鳴った。

5分ほどで、二回目。

気になったので学校に行った。

火災報知機の点検中の様だった。

点検をする時、近隣の町内に連絡すべきと思うが、担当者にその考えが無い様だ。

「響きましたか」の反応。

業者を含め、点検をする時、近隣の町内に連絡してから作業を始めてほしいと要望。

結果を想定できない教育者、こんな教育者に教わった、子供達は不幸に感じる

先日町内のM老人施設、夜間避難訓練を行った、計画の連絡が有ったので近隣世帯に回覧で知らせた。

災害対策、近隣との連携が大切、此れをどの様に理解して居るのだろうか。

2012-07-24 19:31:26.0 只今薪割り中・2

山から、里から多くの薪材が集まった。

数日天気は曇りがち、何とか体が持っている。

薪を割ると色んな虫が出てくる。

俗に言う、てっぽう虫等など。

甲虫も多い・先日色鮮やかな「カミキリムシ」が出現。

ネットで調べたら「ルリボシカミキリ」らしい。

今度は虫かごを用意して出現を待っていた。

昨日と今日一匹ずつ確保、虫かごに。

3087_134312534900.jpg



仲よくしている様だ

薪は楢の木で、約5年分を確保した。

手割りの薪、もし宜しければ高価で、お売りも致します。

2012-07-20 19:58:17.0 お叱りを受けました・上越まつりの広告記事批判

14日付け、地域紙における上越まつりの広告記事。

おかしいと思ったので、考えを書きました。

お叱りのコメントを頂きました。

でも矢張り変だと思います。


3087_134275784700.jpg

2012-07-19 10:43:09.0 只今薪割り中

暑に於いて寒に備え・寒に於いて暑を思う


3087_134266210500.jpg

2012-07-18 07:41:59.0 当事者の安全意識

今から35年位前だろうか、直江津の工場から「フッ素」が排出されているのではと話題になった。

高い煙突から排出されている煙、果たして何が含まれていたのか。

工場を訪れ担当者の意見を聞いた「私達が此処で生活して居るのだから安全ですよ」の意見であったと思う。

昨年震災ボランティアで福島県で活動した時、福島県庁の災害対策本部で、ボランティアの被爆対応を聞いた。

もし危険であるなら「ここで生活している私達も危険」それから見ても不安は少ないのではの意見。

16日板倉区地滑り現場で、地元総合事務所担当の説明を聞く機会が有った。

地滑り地域上部土砂に、一部気になる色合いが有った、なんで変色して居るのか、危険は無いのか聞いた。

担当者は、 「当分そこまで行っていない、下部で作業続けられている、だから危険は無いのでは、」の意見。


この三つの意見、果たして本当に地域の安全や私達の事を考えているのだろうか。


私達が訪れる前、担当大臣や県知事・市長も現場を見ていたと聞、随行員も居ただろう、あの変色部分に何を感じたのだろうか。