ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2012-10-28 13:50:17.0 清里区馬屋町内会防災訓練終わる

28日午前9時から馬屋町内会の防災訓練が行われました。

強風の中約80名の住民が参加されました。

当初の想定を強風の為一部変更。

会館内で人員確認、報告が行われました。

3087_135139954200.jpg


集合場所も広場から町内会館に、燃焼実験等の訓練は、PPでの説明に変更。


3087_135139971500.jpg


のちに、地域の危険個所を、各自確認の必要性を認識。


その後、上越市防災アドバイザーから防災の心得などの注意が行われ約2時間で訓練が終わりました。

3087_135139971801.jpg


防災に万全は無し・平素からの心得を再確認しました。

2012-10-27 19:34:38.0 柿崎区で歴史散歩

27日午後、市名を考える市民の会では、柿崎区の歴史散歩を行いました。

午後1時から5時頃まで寺院4日個所、吟田川・大出口泉水等を回りました。

寺院では、大裏様や若住職様が丁寧に寺院の由来を教えて下さいました。

本願寺派寺院では「しぶしぶ宿」の説明、各寺院説明にが多少の違いが有りました。

曹洞宗の寺院では、春日山林泉寺との関係や寺院建立の経緯等を聞かせて頂きました。 

3087_135133393200.jpg


吟田川・大出口泉水では名水を飲んだり家への土産として汲ませて頂きました。

3087_135133393501.jpg



好天に恵まれた歴史散歩でした。

2012-10-24 08:46:35.0 スキルアップ集会そして各地域の防災訓練の準備です

20日午後、上越市防災士会のスキルアップ集会の報告無事終わりました。


3087_135103588500.jpg


その日の夜、区防災士の会で反省飲み会。

翌日から拙宅の大屋根のペンキ塗り、約200㎡超えを2日間で塗り終えた。

昨日から、28日と11月11日に依頼された二町内会の防災訓練用PP作り。

今日は不足分の写真撮りの予定。


一緒に福島県新地町で復旧活動した、長岡技大の上村準教授、スキルアップ集会で講話をされた、11月にも上越市で、防災講話をされる予定とか。

新地町の支援活動で活躍した若者「西川氏」自転車に乗りインドで学校同士の交流に努めているとか。

小生の遣る事マダマダ小さい。

でも「なりき相当」なのだろう。

2012-10-20 11:00:09.0 上越市防災士会スキルアップ集会

20日午後2時より頚城区「希望館」に於いて上越市防災士会の会員の資質向上の為の集会が開かれます。

その中で活動例報告で「清里区防災士の会」で作成した、清里区安心安全マップ作成過程の報告機会が得られました。

3087_132762080300.jpg

3087_132762116700.jpg



皆さん、住居地域の危険個所の点検は十分でしょうか。

災害が起きてからでは遅すぎます。

平素からの安全意識高揚が大切です。

くれぐれもご注意を。

2012-10-19 11:01:36.0 署名集め協力依頼

原発の再起動問題。

将来の安全確保は如何に。

云い飽きた言葉だが、安全説・不安全説、最後の一言の違い。

東北大震災は、安全説の空論化を図らずも証明。

その中「柏崎刈羽原発」の再起動問題。

「つなげよう脱原発の輪 上越の会」

上越市議会に『再稼働を認めない決議請願』を求め、住民署名を続けて居られる。

その署名集めの協力依頼が来た。

小生の原発反対意志は30年来不変。

その為か、貧乏生活の為か「耐乏生活」は当然の事としている。

今夏の猛暑にも「エアコン」を使ったのは7日位。

それも中古品を頂いた物である。

それでも来年は古希、元気なのは幸いである。