ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2012/10/17 08:02 姉の草庵取り壊し中

姉が逝ってから一年半。

昨冬の豪雪では除排雪に苦労した。

そんな事も有って、親寺や町内会と相談取り壊す事に。

抜魂法要には、寺方や住民の皆様からお出でを頂き無事終了。

3087_135042838200.jpg


昨日から取り壊しが始まった。

姉の生前多くの皆様から。親交を頂いた事にお礼申し上げます。

2012/10/10 07:38 キビタシの森・脇役の役割

8日に観させて頂いた 「キビタシの森」3087_134982199200.jpg


50余人の役者の皆さん。

舞台中央で演じる主役や、準主演の取り巻き。

コミカルな台詞、動きの大事な三枚目。

それを取り巻く、村人や子供そして兵士や家来たち。

お芝居も終わりに近い。

役者の多くが舞台に現れ最後の盛り上がり。

その中の一人、舞台の隅で主役のセリフに合わせ表情が変わり 小さな手足の動き。

他の人とは違う「存在感」が有った。

駕籠に乗る人担ぐ人、その又草鞋を作る人。3087_134982201100.jpg

人生色んな役割で生きて行く。

役割の中で精一杯生きる事の大切さを「演じられた」と思っていた。

2012/10/08 21:19 キビタシの森、観劇して感激

8日午後3時、小生、新潟市東区プラザホールに居た。

新潟駅から約4km、歩いて約1時間であった

興味ある演劇が行われた、此れを見る為に行ってきたのである。

今から1500年位前か、大和政権が蝦夷を制定する為に作った前進基地。

渟足柵の役人とその手先、蝦夷と云われた森の民・それを助けるコシの人。

約2時間近い演劇であった。

3087_134969854800.jpg

クビキの成り立ちを勉強し、頸城平丘陵地帯の古墳群、なぜ出来、誰がなんで葬られたのか

古代の大和制定に伴う、土地の豪族の墓。

そんな簡単な事なのだろうか。

どんな社会にも、頑張りながら歴史から見放された人たちが居る。

そんな人が、地域の住民の事を、将来を本当に考えているのかもしれない。

2012/10/07 18:36 勉強会・産業G問題の今後

7日に行われた、産業G集約化の問題の勉強会。

市では財政問題で、職員の減少化が必要としての対策としている様だ。

職員の減員数およそ230人、そこで浮かされる財源14億円位とか。

今後不足する財源は、70億円・80億円位とか。

それでは残りの約60億円位の減額対策は何かが示されない。

正規職員230人減らして、パートや臨時職の非正規職員がどれだけ増やされるのか。

集約化で、市民へのサービスの質の向上や職員の能力向上を目指すと云う。

そんな事は、集約化を行わないでも出来る事、その意識の改革こそが職員の能力向上と思う。

こんな事は小生でも問題提起が出来る。

今後の勉強会の方向として

市長や副市長との懇談会・地域協議会委員間の討議・議会、委員会構成議員、個人的見解での懇談会等が必要とされた。

何処まで出来るか、上越市の都市内分権の今後を占うものとなるだろう

2012/10/06 18:59 産業建設Gの集約化・ブロック化の勉強会のお知らせ

今上越市で話題となっている、13区の産業建設グループの集約化・ブロック化の課題に付いての「第二回」の勉強会が開かれます。

明日10月7日午後2時から約2時間半の予定です。

場所は春日山町3丁目「春日謙信公会館」第一会議室です。

主催は「合併問題と住民自治を考える会」です。

上越市の目指す「都市内分権」其の課題と今回の方向が何を目指しているのか

皆で本当の住民自治・都市内分権とは何かを話し合ってみようでは有りませんか。

行動する住民そこから本当の住民自治が始まるのではないでしょうか。

皆様のお出でをお待ち致しております