ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2013-01-31 15:58:40.0 泉田県知事、三条市・柏崎市に「安全語る資格ない」と批判

新聞等の報道によれば
泉田県知事、三条市・柏崎市に「安全語る資格ない」と批判。
では貴方に、防災対策を語る資格有るの。

岩手県大槌間町で発生した津波被害「瓦礫」
県知事の意向に反した行動の「地域自治体批判」は続く。
要は「焼却灰」の放射能存在量と、処理方法が問題の様だ。

何回も書くが「岩手県大槌町」の瓦礫に放射能問題がるとすれば、我が県の一般廃棄物焼却にも問題が有るのではないか。

泉田知事の意向に反して柏崎市等「焼却」を、受け入れた事自体が問題であり「焼却灰」問題は、付け足した問題の様に小生には見える。

泉田知事は過去の「中越沖震災」の際、柏崎市のボランテア受け入れ態勢も批判した。
この時も県と云う指導的立場は、欠落していたと小生は思っている。

県知事と云う立場で、地域自治体と共の「東北震災の復興」対策に取り組むべきではないか。

もし国の対策に問題が有るなら、県と地域自治体が協力し国に対し「安全対策」の充実を求めるべきと思うが如何だろうか。

2013-01-29 18:41:54.0 あけぼの踏切事故・あの命救えなかったのか?

28日朝8時40分頃下り「寝台特急あけぼの号」緊急停車した。

3087_135945241800.jpg

此の止まり方異常と思いきや、車内放送で軽トラとの衝突と。

車外左後方に跳ね飛ばされた、軽トラ、そこから更に10m位離れた所に運転者が雪上に。
何か出来ないかと、最後部の1号車に、そこからは運転者までは2・30m位前になる。

二人の乗務員事故連絡、内1名が動かない様に見える運転者の近くに行く。
残った乗務員に、救命活動の為車外に出る事の許可を願ったが駄目との事。

ここで119番通報。事故通報と車外行為不許可を伝えるが、乗務員の指示に従えとの話。
運転者の近くの乗務員、乗客に託されたと云う、保温用アルミシートを運転者に掛けたが、自発呼吸の確認や、意識程度確認の行動は無かった様に見えた。

顔が雪面に下向きだったので、顔の向きを変えるのと、気道確保を大声で叫ぶ。
出血が有るらしいとの事なので、乗客に協力頂いて、止血対策のタオルを乗務員に渡す。

その後警察官も来るが、胸部圧迫等の「負傷者救護」の活動は見えなかった。
消防車が来たが、署員の活動は雪原から「負傷者の移動」が主だった。
その後救急車が到着、病院に移送された。

報道等から知る「死亡時間」病院到着から間も無いように感じた。

救急車での状態はどうだったのか、事故現場での負傷者の状態は・・・。

乗客の中にも「救命行動」を望む声が多かった。
列車乗務員・当初駆けつけた警察官・そして消防車乗務員の、「負傷者救護活動」果たして適当だったのだろうか。

あの時、事故当初からの、負傷者の意識状態はどうだったのだろうか「傍観者」から抜け出せなかった自分に歯がゆさが残る。

2013-01-28 21:15:17.0 あけぼの、踏切事故に遭遇。のりてつ後半

のりてつ後半、「あけぼの」の指定が取れた。
27日午後6時過ぎ前日の吹雪の名残がある、直江津を出発大宮を目指す。

3087_135937517900.jpg



大宮から順調に青森を目指していた。
28日午前8時45分、大館を目前に緊急停車。
軽トラと衝突の車内放送。
電車左後方に事故の軽トラが見える。

3087_135937518201.jpg


それから事故調査等続く、電車も故障で「代替えバス」での移動となる。
何とか新青森に着いたのは午後2時前。
何とか帰路に着く。
直江津に着いたのは午後7時35分頃。

4日間の「のりてつ」4000km弱の乗車距離になった。

2013-01-26 20:48:08.0 何とか帰宅

昨日朝、快速「くびき野」に載って出掛けた。

強風が予想されたので、「はくたか」を避けた。

電車は直江津 黒井間から減速運転、何とか柿崎に付いたが、鯨波まで強風で運転停止が度々

笠島駅では波しぶきがかかるほど。

3087_135920073800.jpg


長岡に着いたのは110分遅れ。

駆け足で新幹線乗り場に、寸前でドアーが閉り掛ってしまったが、年寄りの努力のせいかドアーが開いた。

予定より2時間遅れで東京駅に、早めの行動で会議には間に合った。

今日26日も6時半に行動開始、電車での乗車距離1700km。

3087_135920074101.jpg


ほくほく線は駄目なので、長野新幹線に乗ったが、電車の行き違い待ちでどんどん遅れる。

春日山駅に着いたが、車は雪だるまの状態。

掘り出していたら、他の車も「カメ」状態。

まずは自分の車を掘り出し「カメ」の車脱出の手伝い。

家に帰ったのは午後7時半、道路はガチガチに凍った状態に吹き溜まりも。

まずは無事に帰れて、一安心。

女房曰、アンタノ事だから、何とか帰ると思っていたとの弁。

2013-01-25 06:23:48.0 年より・乗り鉄に挑戦

24日は親戚の葬儀、又新聞で大先輩の急逝を知る。

夕方、通夜式に参加させて頂いた。

今日25日は東京で、災害復旧NPOの理事会。

明後日27日は町内会の役員の引き継ぎ。

この隙間を狙った「冒険?」となる。

切符は、大人の休日パスを使った、JR東日本既域及び北陸地域4日間乗り放題をを使う。

6時半のには家出発となる。

何処まで行けるやら、体と相談しながら動く事になりそうだ。