ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2013-03-28 07:29:48.0 高田の町は繁栄するのか

高田の町の拠点開発が進んできた。

二つの核が無くなり心配された。

拠点の一つ今日オープン。

4月中旬にはもう一つの拠点も出来上がるとか。

さて、拠点開発は進んだが、線・面の開発は大丈夫なのだろうか。

一番心配なのは「駐車場」の問題ではないだろうか。

この問題どの様に解決するか。

高田の町、繁栄の大問題と思うのだが・
・・・。

2013-03-25 20:40:10.0 ツバメが来た

今夕少し寒い北風が吹いてきた。

そんな中、車庫に一羽の鳥が飛び込んできた。

ツバメ、こんなに寒い日に何故の疑問。

近頃の暖かな陽気に誘われ北上したのか。

夜、車庫の古巣に一羽のツバメが止まっていた。

3087_136421151600.jpg


明日は冬空とか、この寒さ何とか耐えてほしい。

もう少しで暖かさも本格的に為ると思う。

それまで元気で居てほしい。

2013-03-23 14:47:59.0 ひまわりと子犬の7日間&フライト

深夜バスを使った石巻への往復、24時に近い発車までの過ごし方「シアター」で対応。

新潟では話題の「ヒマワリ・・・」とした。

老夫婦にやっと育てられた、発育不良の子犬が野良犬となり、親となり、子犬を守るために人間と戦う、そこに保健所勤めの職員の家族愛が係わる・・・・。

3087_136401751300.jpg

仙台では「フライト」だった。

何でと云われても、要は時間つぶしだけ。

何の予備知識もない飛び込み鑑賞。

アル中パイロットの墜落事故の物語。

3087_136401754400.jpg

弁護士主導の裁判、ウソで固めれば無罪審判の墜落事故。

最後に事故死した同僚、客室乗務員の名誉を守り「刑務所入り」

あの心の変化、「何故」、人間の「性善」なのだろうか・・。

2013-03-22 16:21:32.0 石巻に行ってきました

21日石巻での「復興三年目の課題」を語る集会に行ってきました。

経費を倹約する為「夜行バス」を使いました。

20日夜6時半頃家を出発。

午後7時高田から新潟へのバス。

仙台までは夜半12時前の仙台行きのバス。

仙台へは午前五時過ぎ到着。

仙台から石巻へは「仙石線」を利用。

途中松島海岸駅から矢本までは「代替バス」に乗る。

「野蒜駅跡」出来になる風景に途中下車。

内陸寄りの丘陵に路線や駅舎を移すとかでほぼ震災当時の姿。

3087_136393682900.jpg


石巻には10時過ぎに到着。

約1時間震災当時お手伝いをした地域を見て回った。

苦労したヘドロ出し作業の住宅地ほぼ更地に変化。

その中に被害が少なかった建物が有る。

まだ震災当時の姿の家も点在。

午後1時から5時過ぎまで今までの震災復興の取り組みや今後の課題を話し合った。

帰りはほぼ逆のコースで帰路に付く、家の帰ったのは22日午前8時半頃。

掛ったバス代約1万4千円でした。

2013-03-18 16:47:14.0 復興三年目の道・石巻の集会に何が有るか。

大震災から2年が経過、三年目の復興の道。

21日午後、宮城県石巻市で勉強会が開かれる。

被災当時感じた事は、行政が被災地帯同一平均の対策を行った。

その為余りにも大きいn被災地全体に行き渡らず支援が停滞した面も有った。

それから二年、被災者の皆さん、支援する側の体制。

その接点は何だろうか。

20日、上越での集会が終わり次第、石巻に出掛けようと思う。

其処で今後の支援に何が必要か見極めたいと思う。 

でも体が付いて行くかも心配である。