ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2013-04-30 07:02:29.0 亡き友が残した教訓

防災士の仲間が63歳で病死された。

29日朝葬儀が行われた。

人柄からして多くの知人たちが別れを惜しんだ。

7年前防災士の資格を取り、町内の防災意識高揚に努めて居られた。

葬儀から6時間位後、区内で交通事故が発生したとのメールが入る。

その事故は亡き友の七日法要の席に向かう車の事故との連絡。

事故発生から一時間以上たった事故現場に向かった。

多くの消防車両や警察車両が赤色灯を点滅して止まっていた。

町内の人たちが迂回路への誘導を行っていた。

重症者の皆さんは既に病院搬送が終わって居られた。が

現場近くには軽傷者と思われる、皆さんが病院搬送を待って居られた。

だが中々搬送車両が現れない。

仕方なくか「消防司令車」での怪我人搬送も。

少しすると、救急車両が再到着、搬送用マイクロバスも到着。

4時半頃には現場での負傷者救護は終わった。

この時間経過と対応果たして、適当だったのだろうか。

救護体制を見た時、いくつかの教訓を感じた。

迂回路指示はだれの責任なのか。

消防職員・警察職員・地域住民の連携と責任体制は。

多くの負傷者の収容先の病院の手はずは如何だったのか。

現場救護・緊急対策関係者等の会話から幾つかの検討課題を痛感した。

これは亡き友が、大災害の対応を確認せよ、の言葉にも感じる

2013-04-27 15:56:45.0 雪の下に為ったカマキリの巣は如何なる

カマキリは冬の積雪高を知って巣を作ると云われている。

では積雪高を間違え、雪の下に為った巣は如何なるのだろうか。

昨年10月2日偶々、カマキリの産卵場所に遭遇。

当欄で紹介させて頂いた。

3087_136704573600.jpg


産卵場所より積雪は多かった。

では雪の下と為ったカマキリの巣は如何なるのだろうか。

3日ほど前、産卵場所を訪ねた、巣は跡形も無かった。

他にも二か所の確認済の処で、雪に埋もれたカマキリの巣跡見たがを、此れも跡形無し。

カマキリの巣、雪に埋もれると何らかの理由で消滅して仕舞うのだろうか。

カマキリは何故積雪高より上に卵を産むのだろうか。

三か所の現実、其の真相は何だろうか。

2013-04-17 07:19:56.0 10世紀前の神社は津波被害は鳥居前で止まる物が多かった。

東北大震災起災から2年を経過し津波被害の境目の検証が進んで居た。

特徴的な物は、10世紀以前に建てられたと云われる、歴史ある神社は殆ど津波冠水被害は無かったと云えると云う。

3087_136610271500.jpg


一方10世紀以降に建てられた神社に於いては、津波被害を受けた物多かったと云う。

そうなると我が頚城地域での神社状態を知る事によって、防災面で役立つ事も有る様に思う。

其処でこの地域に伝わる郷土芸能「八社五社踊り」に注目してみた。

幸い「八社五社踊り保存会」に関係して居るので、平成11年に発刊された、関英二氏著の『越後の古民謡「いたこ」「八社五社」を訪ねて』の中の神社の「神社分布図」を調べた。
此処に分布図を掲載させて頂いた。

3087_136610293000.jpg



この図から皆様がこの地域の防災を考えて頂けたら幸いである。

2013-04-14 20:30:48.0 被災地復興への思いは複雑

被災地復興への思い。
どんなものか知りたく、石巻や福島の集会に出かけた事は既にお知らせした。

津波被害地

高い防波堤や盛り土で地盤を高くするべきの意見。

一方高い防波堤を作れば海が見えなくなる。

防波堤を作っても、平素の雨水の排水は如何する。大河川の河口は如何成る。

浸水地域や津波被害地の嵩上げ、私権や法律・行政の管轄問題で簡単にはいかない。

3087_136593891600.jpg


核被害地の帰宅問題。

破壊された原発地域、除染が進み帰る事が出来るのか。

あの広大な、山間地域や丘陵地帯の除染は可能なのか。

除染後の汚染土・汚染水・どう処理されるのか。

汚染地域を国が一括買い入れ出来ないのか。

買い取られた跡地、や地域が、汚染物処理地域と為り「永久帰宅不能地」になっては困る。

これらを、如何纏めて地域復旧に繋げるのか。

此れを纏められる指導者は居るのだろうか。

2013-04-11 18:20:40.0 専門知識持つ人の助言待つ・この記事は大丈夫か

地域紙の住民連絡コーナー記事。

この中に、リホーム工事で高額請求書等で困って居ます。

専門知識を持つ人の助言を求めると有る。

この様な記事、間違うと困っている方が二重被害に会う恐れもある。

行政や、警察の対応が大切と、両機関担当に困っている方が、二重被害?に会わない様に助言を、と電話した。

震災等の住宅工事等では、高額請求書に困ったとの話はよく有る事。

老人世帯等での高額リホーム工事、重複の話はよく有る。

世の中、善人だけでは無い、この方に適切な、助言を関係機関に求めたい。