ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2014-11-29 18:48:42.0 刈羽村の中越大震災10周年事業

28・29日刈羽村社会福祉協議会主催の震災復興関連事業に行って来ました。

 

~つながる " 絆 ” in ”刈羽 ~です

 

参加された皆さんは。県外では、岩手県野田村・福島県双葉町に被災者の皆さん

西宮市・名古屋の防災NPO関係の皆さん等々。

 

中越震災の小千谷塩谷 の皆さんも。

 

支援された刈羽の皆さん、これ等の経験からの支援、そこから生まれた~絆~

 

此れ等から今後の地域防災・災害支援等を話し合いました。

 

過去の活動写真等も掲載されていました。

 

 

 

明日は天気次第で白馬に行こうかと思って居ます。

 

 

 

 

 

2014-11-27 20:55:22.0 白馬村に行ってきました

数日前から、災害ボランテア団体から、支援活動の是非の問い合わせが有った。

参加可能と伝えていたが、白馬村までの道路状態巴拍の為27日朝家を出発。

糸魚川経由で、小谷・白馬に向かった。

途中148号から迂回路を経て白馬村ボラセンまで2時間30分、約120kmりで有った。

ボラセンには柏崎社協勤務だった、Y氏が長野県社協に勤務変えで居られた。

 

午後から被害住宅が集中する地域の住宅訪問に参加させて頂いた。

長野県道33号線沿いに被災地が有った。

三日市市場地区の被災地約20件訪問、調査で有った。

今後許可が出れば、隣接する地域や小谷村での調査活動となる。

今日回った地域の被災状態である。


 

 

 

 

 

2014-11-23 20:01:37.0 地震被害の其の後

昨日地震対策等で帰宅したのは、午前1時頃

 

今日は朝8時30分から町内の避難訓練。

 

その後被災地域を回った。

 

わりと小さい被害だと思うが、県版テレビ等で紹介されている。

 

此れは県内被害が小さいと云うことの表れか。

 

衆議院・県議選等が近いせいか、予定候補者たちの現地訪問も多い。

 

道路被害は、積雪期前早急な対策を行うとの事、まずは一安心である。

2014-11-23 00:17:58.0 地震被害情報

上越市清里区に於ける地震被害は上中条地内で道路変化及び道路隆起は3か所くらい。

巾1m、高さ20cm位、此れ以下が2か所確認された。

夜間でも有り他の被害確認は無い。

此の他、防火用水溢水の様な状態も確認されている。

建物等の被害は無いと思われる。

2014-11-17 09:54:07.0 議会軽視と行政軽視と住民軽視

先週月曜日10日、市役所木田庁舎秘書課を訪ねた。

11日に開かれる、議会主催議会報告会を前に、市長の発言内容の方向を知りたかったからである。

 

議会報8頁及び16頁に載った、厚生産業会館(仮称)に関連する事である。

 

16頁上段、「意見聴取は施設の利用者希望者を中心に行ってきた。」の発言、この「真意」を知りたかったからである。

 

秘書課に議会報に関連する事と伝えたが、議会報No182は秘書課には届いていなかった。

担当副課長は、議会事務局に議会報を貰いに行った来た様だ。

 

11月当初住民に配られた、議会報は市役所秘書課には配布されなかったようである。

 

議会会関係者は、行政側が、記者会見等で議会より先に「事案発表」すると「議会軽視」とかみ付く。

今回の事例、 「行政軽視」とはならないのだろうか。

 

処で秘書課にたずねた件、一週間経過するが何の音沙汰も無い。

 

此れ「住民軽視」では無いのだろうか