ドンカズの動き

趣味やNPO災害支援の状態の報告です。 宮澤一也の「云いたい放題、書きたい放題」でも地域の事を真剣に考えています。 震災等の活動体験を語り継ぐ大切さを感じました。 今までやってきた活動を元に纏めた、PP等使い防災活動、ボランテアの有効活用等の「出前講座」引受ます。但し顎足付。

2016-03-12 11:45:37.0 日常とは

発病から半年、日常生活が変わった。

歩く事さえやっと、少し重い物は持てな

メールを打つには「虫眼鏡」が必要、半年前の日常は通用しない。

 

東北震災から五年、その頃の日常は通用しない。

被災者も、直接的被害が無かった人も

人の生活は変化している。

その変化に対応しながら、日常生活が成り立っている。

 

それが進歩なのか退化なのか。

それを乗り越えながら活きる事が大切だはなかろうか。マラソン

2016-03-05 13:22:28.0 何時まで「仮称」なの

高田公園内で始まった多目的集会施設、未だに正式な「名称」が決まらない様だ。

市長の肝いりで始まった施設だが、市行政と地域協議会等との意見が纏まらずにいる。

 

そんな中ででも建設工事が始まった。

新聞報道も「仮称」のまま。

何時に成ったら「正式名称」が住民に知らされるのか。

正式名称が決まらない中「どんな施設が出来るのか、

何にしても、市行政の指導力が試されている様だ。パンチパトライト爆弾

 

2016-03-01 09:51:58.0 春の訪れ何処まで・・・。

発病から六ケ月経ちました

一ケ所良く成りと他が悪くなる。

一進一退と云うが、そこまでも行かない。

2月は、逃げる、3月は去ると云うとか。

月日だけは、確実にすぎろ。

ブログも書きたい事は沢山有るが、視力回復が就いてこない。

3月9日左目の手術、此れで少しは身体が動いてくれるのか。

春の日差しが我が身体にも訪れてくれる事を事を期待している光るハート