合唱団雪ん子. mimi

雪ん子のメンバーmimiが、上越市の混声合唱団「雪ん子」の活動を紹介していきます。 ブログ管理人mimiの個人的趣味もたまに・・

2016/05/09 00:16 ふるさと合唱交流会 in 飯山

 

長野飯山で「ふるさと合唱交流会」がありました。

雪ん子も出演のお誘いをいただいたのですが、急だったので今回は見送ることになりました。

 

そこで私横尾だけスタッフとして合唱祭のお手伝いに行ってきました。

 

会場の「なちゅら」は今年3月にオープンしたばかりの、飯山の文化センターです。

設計は隈健吾さん。オリンピックの国立競技場を設計することになった方です。

個人的に隈健吾さんの建物が大好きなので、「なちゅら」はとても楽しみにしていました。

 

そして今回の合唱交流会の主催者は「なちゅら」の名付け親の方です。

 

 

時間があったら皆さんの合唱を聴こうと思っていたのですが、

スタッフの仕事も忙しく、のんびり聞く暇が無かったので会場のご紹介。

 

この交流会は、東京からも参加しているグループがあります。

前日は斑尾の山の家で交流パーティーがあり、歌ったり踊ったり楽しかったようですよ。

 

 

 

正面はこんな感じ。

木のオブジェと思いきや・・「なちゅら」という文字でした。

 

 

中はこんな感じ。

木の温もりがとても柔らかく、居心地がいいのです。

 

 

全体はこんな感じ。

見かけだけではなく、ちゃんと雪を上手く利用する仕組みになっているのですよ。

 

 

リハーサル室はとてもクリア。

でも音は全然漏れません。当たり前?ウインク

 

 

肝心なステージです。

音がとても柔らかく響きます。

講評委員の先生が、「音が柔らかく響くので、この会場では是非アカペラを」と仰っていました。

また客席の傾斜が急なせいか、声の方向によっては音が響きません。

「楽譜から目を離し、顔を上げて歌って下さい」とも仰っていました。

ピアノはスタンウェイ。

ピアノの先生が弾いていて気持ちがいいと仰っていました。

 

 

ベルの演奏もありました。

 

 

楽しかったのは会場内の看板です。

木で作られていてちょっとお洒落です。

ただ、ご年配の方にはわかりにくいようで、「トイレはどこですか?」と何回も聞かれました。

トイレの中のボタンも洒落ていて、文字が小さいのでどれが何のボタンかわかりにくいかも・・

そのせいか、「緊急」の呼び出しボタンを押してしまう方も何人かいらっしゃいました。

 

看板編・・何の看板がわかりますか?

 

 

お弁当は中野市のお母さん達の手作り弁当。

取れたて野菜や味噌、ジャム、豆類。

地元飯山の方が作った米粉のシフォンケーキ販売もありました。

 

物販編

 

交流会の最後、ランチパーティーと称する昼食です。

 

 

 

合唱交流会の最後に吹奏楽団の伴奏で「明日という日が」と「故郷」を全員合唱。

私もここだけは参加し、気持ちよく歌ってきました。

 

「故郷「朧月夜」の作詞者、高野辰之さんは中野の出身。

日本の中で知らない人はいないこの二曲は、この地で歌ってこそ味わいが深まるのだと改めて思いました。

 

来年は雪ん子も参加できたらいいな・・

 

 

高野辰之記念館も近いので、併せて行くのもいいかもしれませんね。

 

 

♪兎追いし かの山~

後ろの山が歌に出てくる山だそうです。

 

 

 

2016/02/08 23:38 合唱団雪ん子ミニライブ

雪ん子、ミニライブを行います。

 

3月13日 日曜日

14:00~

中央病院そばのログハウス「杏理鈴」にて

 

店内はそれほど広くないので、20名様ぐらいはお入りいただけると思います。

(雪ん子のメンバーだけで20人弱いるので・・・)

 

フォーク調の曲や、ちょっと合唱らしい曲も歌う予定です。

日曜の午後のティータイムのBGMにいかがでしょうか。

 

なお、飲み物をオーダーされる場合は、ご自分持ちでお願いしますね。

 

2016/01/23 16:08 雪ん子新年会

1月13日、雪ん子の新年会でした。

 

年が明けて初練習は後回し。

新年会で1年が始まる雪ん子です。

 

毎年恒例、喫茶杏理鈴さんをお借りして一品持ちより新年会です。

 

今年もご馳走がそろいました。

中森先生のお手製ケーキもありまーす。

 

 

 

結婚して引っ越しをしたクミちゃんも、里帰りしているので参加してくれました。

 

 

 

 

宴もたけなわな頃、昨年歌った曲を合唱するのも恒例です。

例年と違うのは、飲んでいるのも関わらず、少しはちゃんと合唱できたこと・・・

中森先生がよくおっしゃる「だいたいそんな感じです」程度にはできたんじゃないかな?

 

3月にはこの杏理鈴さんでミニライブを行う予定です。

 

今年も雪ん子始動しました。

 

 

2016/01/11 01:59 2016年になりました

遅ればせながら…あけましておめでとうございます

2016年、皆様に雪ん子に素敵な風が吹いてきますように。

 

 

今年度の冬は雪が少なく、いつもの冬とは違います。

油断はできませんが、「大雪で練習中止」と言うことは無いような予感です。

テノールのYさんは除雪隊の方なので、冬はなかなか練習に参加できないのですが、

今年は大丈夫かな?

遠くから練習に来る方々も大丈夫かな?

 

合唱団の名前は「雪ん子」

雪にまつわるネーミングなのに、雪がない方が練習できるのだから、ちょっと逆説的でおもしろいです。

 

 

ちなみに・・

今朝の我が家から見上げた空です。

1月の空とは思えませんね~

 

 

13日は雪ん子の新年会。

一品持ちよりで行います。

またごちそうが揃うのかなぁ。楽しみです。

 

 

宣伝

指導者の中森先生が出演されるコンサートです。

 

2015/12/12 23:26 鬼が笑う来年のこと

昨年の12月7日の雪ん子コンサートは、かなりの雪に見舞われたというのに、

今年の暖かさはどうしたことでしょう。

小春日和のような陽気の日さえあります。

 

練習日に雪が降っていないというのは、真にいい事です。

このまま雪のない上越で行くのか?

いやいや、そんなことはないでしょう。

 

 

雪ん子は来年3月にミニライブを行う予定です。

 

3月13日(日)  14:00  場所 中央病院そばのログハウス 喫茶杏理鈴(ありす) 

 

気軽にお茶のみのBGM気分で聴いていただけたらいいなと思っています。

「翼をください」「夢の中へ」など、フォークっぽい曲もやっちゃおうかと思っています。

 

 

 

そして1年後の12月には、コンサート開催予定。

上越文化会館中ホールです。

1年後だなんて安心していると、瞬く間に時間は過ぎていきますね。

来年も雪がない12月でありますように…

 

 

3月の会場杏理鈴さんは、クリスマスグッズが可愛らしく並べられていました。