合唱団雪ん子. mimi

雪ん子のメンバーmimiが、上越市の混声合唱団「雪ん子」の活動を紹介していきます。 ブログ管理人mimiの個人的趣味もたまに・・

2009/05/15 00:22さようならごきげんよう

「さようならごきげんよう」の曲は、映画サウンドオブミュージックの中で2回使われます。



一回はパーティーの会場で、この曲を歌いながら子ども達はお客様にお休みなさいの挨拶をします。

2059_124231321900.jpg


二回目は音楽会でこの歌を唄いながら、こっそりと亡命の途につきます。


2059_124231321901.jpg



子ども達が鳩時計になり、可愛く「クックー」と顔を出す仕草が愛らしく、
また1人1人のソロとしての見せ場がある曲でもあります。



これを我が雪んこでやると・・・・・・・・

ステージを見てのお楽しみ 笑



まずは可愛いつもりで「クックー」と顔を出してみました。
タイミングが合わない~

でも、笑うなかれ!!

歌いながら動作のある振り付けは、なかなか大変なのです。
しかも、若い人はいざ知らず、中高年には可愛いふりするだけで至難の業です。



そしてソプラノ1人1人のソロがあります。

これがまた大変だ!

1人で歌うと言うだけでドッキンドッキンものなのに、
歌い終わったらにこやかに「バイバイ」と手を振りながら、自分の立ち位置に戻るのです。

できる方にはどうと言うことのない動作ですが、
今まで芝居の経験が微塵もない人にとっては、とても勇気が要ることなのです。



ソプラノソロはけっして上手に歌える人ばかりではありませんが、
それぞれの個性が放出すれば大成功と言えるでしょう。




映画の子ども達のような、愛らしい動作と上手な歌ではないかもしれませんが・・

私達は頑張ります

今までの自分から、ちょっと無理をした努力に挑戦します!!

「私はがんばる!」と、1人1人の団員が思えば、
その熱意がコンサートを熱いものにすると信じています。




さぁて、私も頑張るかぁ~   気合い入れましょう!!!

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用