合唱団雪ん子. mimi

雪ん子のメンバーmimiが、上越市の混声合唱団「雪ん子」の活動を紹介していきます。 ブログ管理人mimiの個人的趣味もたまに・・

2011/03/27 22:50けやきの森ジュニア合唱団を聴いてきた

妙高市で活動するジュニア合唱団のコンサートを聴いてきた。

「けやきの森ジュニア合唱団スプリングコンサート2011」


2059_130123124700.jpg


ジュニアの皆さんの澄んだ歌声はまっすぐに会場に届き、
歌詞の一言一言が空間を泳ぎ、心に届いた。

今の大変な時だから、なおさら心に沁みる。

音に感動すると全身がゾワッとして鳥肌がたつが、
今日のコンサートは、最初から何回もこの連続だった。

節電で会場内の暖房温度を落としているせいではない。
まさしく感動のゾワゾワの連続だった。



ゲストの高橋維さん(ソプラノ)の歌声も素晴らしかった。
可愛らしくて、拝見しているだけでも楽しい気分になったが、
歌の説得力で、リスナーを曲の世界に連れて行ってくれた。

私も30才ぐらい若返った気分!

個人的には「さくら横ちょう」が泣けた。
この曲がどれぐらい好きかは、言葉で言えないほど好きです。
別宮貞雄さんバージョン、中田喜直さんバージョンがあるが、私が好きなのは中田喜直さんバージョン。




今、あちらこちらで自粛のためか、節電のためか、イベントが中止になっている。

そんなご時世の中、このコンサート開催に踏み切ってくれた関係者各位に拍手を送りたい。
たくさんの元気を頂いた。

大変な地域に元気を分けてあげるには、自分に元気が余っていなくてはいけない。
元気の源は何だろう。
それは芸術であり、スポーツであり、趣味であり、充実した仕事である。


会場の外には災害義援金募金箱が設置されていた。
たくさん元気をもらったので、その元気を災害地のために募金に変えてお裾分けしてきた。


今日のコンサートを聴いた方がした募金には、きっとたくさんの元気が詰まっていることだろう。

Comments

お久しぶりです!
こんな時だからこそ心に響く歌ってありますよね。
素晴らしい合唱を観賞できてうらやましいです。
何でもかんでも自粛じゃなく、このような人に元気を与えるイベントはもっともっとやった方がいいと思う今日この頃です。

投稿者: ひまわり  2011/03/29 01:17

ひまわりちゃん
ほんとにその通り。
自粛すればいいっていうものではないと思います。
被害がなかった自分たちの立場に感謝して、被災地の方々の苦労に思いを馳せる日になりました。

私たちも4月からまた頑張ろうね。

投稿者: mimi@雪ん子  2011/03/29 23:08

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用