合唱団雪ん子. mimi

雪ん子のメンバーmimiが、上越市の混声合唱団「雪ん子」の活動を紹介していきます。 ブログ管理人mimiの個人的趣味もたまに・・

2011/05/03 20:53信州中野・・・中山晋平記念館へ

先週行った高野辰之記念館に引き続き、信州中野の中山晋平記念館に行ってきた。


2059_130442174300.jpg2059_130442174301.jpg


中山晋平といえば、
シャボン玉 背くらべ てるてる坊主 あの町この町 雨降りお月・・童謡を上げたらまだまだある。

ゴンドラの唄 カチューシャの唄 東京音頭 波浮の港 船頭小唄

これらも中山晋平作曲。

日本のフォスターと言われた人だ。


2059_130442204400.jpg
2059_130442204401.jpg
2059_130442204402.jpg



思い起こせば、私の音楽の原点はここにあった。

子供のころ、我が家ではプチ音楽会が毎夜開かれた。
ピアノもオルガンもない我が家の音楽会は、ショパンでもモーツァルトでもない。

母が「シャボン玉」「故郷」のメロディーをハーモニカで吹く。
私が歌う。

私が「黄金虫」をリコーダーで吹く、母がハーモニカで合わせる。

父が「船頭小唄」「砂山」を歌う。
私も♪俺は川原の枯れすすき・・・などと歌った。

ちゃぶ台を囲んだ、そんな音楽会だった。
その時の曲はいつでも中山晋平や高野辰之の曲。

私の音楽の原点はすべて中山晋平や高野辰之とともにあったのだ。



飯山、信州中野の風景に焦がれるわけもここにあるようだ。

曲の中には必ずこの風景がある。

だから・・・だから・・・こんなにも懐かしいのだ。

何回でも行きたくなる飯山と信州中野。
これからも変わらず通い続けることだろう。


2059_130442316800.jpg
2059_130442316801.jpg


信州は今リンゴの花盛り。
白いリンゴの花が可憐に咲き誇っていた。

2059_130442327100.jpg
2059_130442327101.jpg

Comments

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用