合唱団雪ん子. mimi

雪ん子のメンバーmimiが、上越市の混声合唱団「雪ん子」の活動を紹介していきます。 ブログ管理人mimiの個人的趣味もたまに・・

2012/05/21 00:24東日本合唱講習会に参加して

2012.5.19~20
新潟県妙高市の「ふれあい会館」で日本のうたごえ全国協議会主催の「東日本合唱講習会」が開催されました。


2059_133750545500.jpg
2059_133750545501.jpg


遠くは北海道、秋田からの参加もあり、総勢120名を超える大きなイベントでした。

雪ん子からも3名参加。


いや~ 参加して良かったです!!


個人的にはこの時期とても多忙で、事前講習会にも参加できず、かといって自宅練習も思うようにならないまま、どうにかこうにか楽譜を頭にたたき込み、不安いっぱいで参加したのですが、講師の先生方に乗せられて(笑)気持ちよく歌うことが出来ました。



曲数が多くて、しかもほとんど知らない曲で・・・
3.11の震災へ思いを寄せた内容が濃い曲ばかり・・・
頭がパンク状態でした。



曲名載せておきましょうか・・・

♪明日という日が
♪決意
♪あなたはどこに(つぶてソングより)
♪放射能(つぶてソングより)
♪誰もいない福島(つぶてソングより)
♪Rise up again
♪アヴェ・ヴェルム・コルプ
♪枯葉
♪今…(東日本震災からの復興を願って)

な・な・なんと2日で9曲!!!
全部教えていただきました。



講師の先生
作曲家の新実徳英さん

今回のつぶてソングは先生が震災後「想いを届けたい」と言うことで、震災から1ヶ月もたたないうちに書き上げたそうです。

作曲家の先生から直接ご指導いただけるとは・・・幸せなことですね。


作曲されてすぐにご自分で歌われた映像があります。
(先生は音程に問題があるので消したいと仰っていましたが、消される前にのせちゃえ~)




では、松原混声合唱団が歌われている他の曲も




雪ん子も先生の作品「花に寄せて」を練習していましたが、ただいま小康状態(笑)




講師の先生
岩本達明さん

岩本ワールド最高です。

先生は私達がわかりやすいように、それはそれは体全体で表現豊に教えて下さいました。
この楽しさは文では表せません。
実際体験して、岩本ワールを味わえてよかったなぁ。

楽譜の中に盛り込まれている色々なことの読み方も教えて下さいました。
曲のどこが素敵なのか、作曲家がどういう意図で書いているか・・などなど。




講師の先生
渡辺享則さん

うたごえ発表会で先生の講評はよく頂いてきましたが、
合唱の指導を受けるのは初めてです。

厳しく、優しく、教えていただきました。


向かって左から岩本先生、新津合唱団の浅見さん、私、渡辺先生です。

2059_133750773800.jpg



発声講座では桑原純子さんから教えていただきました。
先生の仰るとおりにすると、おもしろいように声が出るようになるのです。

普段私には出にくい高音のFですら、楽々出ます。
まだまだ声は鍛えられるなぁと思いましたね。

教えていただいた体操ぐらいなら、私も雪ん子の皆さんに教えられるかも。
是非やりましょうね。



と言う具合に、本当に内容の濃い講習会になりました。

地元の合唱団「たけのこ」の皆様には本当にお世話になりました。

用意していただいたお弁当の「笹寿司」も美味しかったです。
(写真撮り忘れた~)

会場の外にはきれいなツツジ、新緑も美しく、妙高の自然の美しさも手伝って、
いい空気と、いい時間を持たせていただきました。

2059_133750823700.jpg
2059_133750823701.jpg




おまけ
私が主催する「うたごえカフェ」のHPです。
http://www5.hp-ez.com/hp/utagoecaffe/page1

18日は夜うたごえカフェがあったので、最後まで居られませんでした。
桑原先生の独唱聴きたかったなぁ。

Comments

youtubeの「フルサト」聴いてみました。
いいですねぇ、こういう声の人たちが集まると。
うちの合唱団は20代から80代まで各年代がいて、しかも頭声で発声する人が何人もいて、とてもこういうさわやかな合唱にならんのですよ。
指導する先生は口を酸っぱくして直そうとするんですがそれが中々どうもなんですわ。
mimiさんに今度のコンサートの時は教えてって言われましたが、とてもお恥ずかしい限りです。

それよりFが出にくいということはmimiさんのパートはアルト?
まさかまさか驚きのhiFだったりして?

投稿者: kitanopolaris  2012/05/20 21:58

kitanopolarisさん
松原混声だもん! どんな合唱団でもこんな合唱を目指すんじゃないのかなぁ。
指揮されているのが、作曲家の新実先生です。
youtubeで「つぶてソング」を検索していただくと、松原混声が歌っている他の曲にも会えます。
曲に力があるから、どれも素敵です。

はい、私はアルトパートです。
声が太いからね。
女声合唱ではメゾだけど、混声ではアルトです。
hiFなんて、冗談はよしこさん(古っ!)
普通の高いFです。若い頃はAぐらいまで出たんだけど、年と共に下降線です。
渡辺先生は長野合唱団の指揮者ですよ!

投稿者: mimi  2012/05/21 00:39

はじめまして。
私は阿賀町(旧三川村)出身の皆川と申します。
以前書かれていた、合唱組曲「阿賀野川」のブログにヒットしてたどり着きました。

私も中学時代に歌った経緯があります。
組曲誕生から20周年となった昨年、
合唱×ROCK「阿賀野川」プロジェクトというものを立ち上げました。
合唱曲をロック調にアレンジし、CDを制作する活動をしています。
こちらのCDは、7月11日(水)に発売する運びとなりました。

地元の中学生・卒業生、羽越水害を体験された方々や「阿賀野川」を歌ったことのある合唱団の方々にも、ぜひ聴いていただきたいと思っております。
くわしくは、公式ウェブサイトをご覧いただければ幸いです。
http://www.agarock.com/

長々と、大変失礼いたしました。

投稿者: ミナガワトオル [URL]  2012/06/12 19:20

皆川さん
コメントに気が付かなくて申し訳ありませんでした。
「阿賀野川」をアレンジされたのですね。
「阿賀野川」は歌い継いでいかなくてはいけない楽曲だと思います。
素敵な活動、頑張って下さい。

投稿者: mimi  2012/07/16 23:00

お名前(必須)
メールアドレス
URL
コメント(必須)
※コメント以外の内容を次回も使用