合唱団雪ん子. mimi

雪ん子のメンバーmimiが、上越市の混声合唱団「雪ん子」の活動を紹介していきます。 ブログ管理人mimiの個人的趣味もたまに・・

2016/06/14 00:33 久比岐野合唱フェスティバル

6月12日、妙高市で「久比岐野合唱フェスティバル」が開催されました。

今年は30周年だそうで、第1回の開催地に戻ったということになるそうです。

 

何でも続けることは大変ですが、

これからも末永くこの合唱祭が続くことを願っています。

 

雪ん子は組曲「二度とない人生だから」の中から

「念ずれば花ひらく」「二度とない人生だから」の二曲でエントリーしました。

衣装も久しぶりの白ブラウス、黒のロングスカートのシックな装い。

 

出来映えは別として、「ほんとにいい曲だなぁ」と思いながら、

スポットライトを浴びて気持ちよく歌えました。

歌詞の内容が私たちに与えてくれる感動を、今度は客席に届くようにしなくてはなりませんね。

12月のコンサートに向けて、また精進したいと思います。

 

 

フェスティバルは、子どものグループ、中学生のグループからご年配のグループまで、幅広い年齢層のグループが出演しました。

まさに「これが人生だなぁ」なんてしみじみ思ったりして…

とてもすてきな時間を共有できて楽しかったです。

 

 

会の最後には、講習会に参加した方達で大合唱。

ざっと数えて70人以上・・・

私は練習会に参加できなかったので、残念ながら今回は参加を見送りましたが、

客席で大合唱を聞けたのもよかったです。

 

 

2016/06/06 22:08 歌とピアノのジョイントコンサート~愛される調べを集めて~

雪ん子の指導者、中森千春先生が主催するコンサートに行ってきました。

 

コンサートタイトルの副題に「愛される調べを集めて」とあるように、

演奏される曲は心にグッとくるものばかり。

 

中森先生が歌う「月の沙漠」 田辺千枝子さんが歌う「この道」には泣けちゃいました。

目の前に光景が広がり、曲の中の主人公がそこにいて歌手の口を借りて語っているような…

そんな演奏です。

 

素敵なコンサートに身を置くことができて、

とーっても幸せな気分でした。

 

皆さんのドレスも素敵。

いつもの先生とは違う雰囲気です。

もちろん、リスナーの私もちょっとお洒落していきましたよ。

定期練習の時のしょっぱい格好とは違います(笑)

日常とは違う身なり・・コンサートには大事です。

 

 

 

 

中森先生が歌う「ダニーボーイ」を動画にアップしてあります。

デジカメの撮影な上に、途中で残量切れで最後まで入っていませんのであしからず…

https://youtu.be/7GEEdBmvGb8

 

 

 

さて、雪ん子も頑張らなくてはいけません。

次は6月12日に行われる「久比岐野合唱フェスティバル」です。

今まで「明るい雪ん子」「元気な雪ん子」と言われてきましたが、

今回は年齢を感じさせるような、仏教的な思想が根底にある曲です。

大人だからこそ理解できるような曲ですが、表現となると難しいです。

精一杯頑張ります。

2016/02/08 23:38 合唱団雪ん子ミニライブ

雪ん子、ミニライブを行います。

 

3月13日 日曜日

14:00~

中央病院そばのログハウス「杏理鈴」にて

 

店内はそれほど広くないので、20名様ぐらいはお入りいただけると思います。

(雪ん子のメンバーだけで20人弱いるので・・・)

 

フォーク調の曲や、ちょっと合唱らしい曲も歌う予定です。

日曜の午後のティータイムのBGMにいかがでしょうか。

 

なお、飲み物をオーダーされる場合は、ご自分持ちでお願いしますね。

 

2016/01/23 16:08 雪ん子新年会

1月13日、雪ん子の新年会でした。

 

年が明けて初練習は後回し。

新年会で1年が始まる雪ん子です。

 

毎年恒例、喫茶杏理鈴さんをお借りして一品持ちより新年会です。

 

今年もご馳走がそろいました。

中森先生のお手製ケーキもありまーす。

 

 

 

結婚して引っ越しをしたクミちゃんも、里帰りしているので参加してくれました。

 

 

 

 

宴もたけなわな頃、昨年歌った曲を合唱するのも恒例です。

例年と違うのは、飲んでいるのも関わらず、少しはちゃんと合唱できたこと・・・

中森先生がよくおっしゃる「だいたいそんな感じです」程度にはできたんじゃないかな?

 

3月にはこの杏理鈴さんでミニライブを行う予定です。

 

今年も雪ん子始動しました。

 

 

2015/10/04 19:03 うたごえ合唱発表会行ってきました

1ヶ月前の9月6日、新潟市の東プラザで行われた合唱発表会に行って来ました。

あらら・・・もっと早く更新しろと怒られそうです。ブーイング

 

 

毎回、マイクロバスをレンタルして団員のYさんに運転してもらいます。

ほんとにありがたいです。

 

出発前、ちょいとハプニング。

先生方と男性陣のお弁当を手作りで一手に引き受けてくれるMさん。

集合場所にお弁当の大荷物で登場・・・・あれ? 衣装がない!

お家まで引き返しました(笑)

 

予定時間より少し遅れて出発~

到着は予定時間通りでした。

 

さてさて本題。

雪ん子は「花」と「この海を越えて」の2曲をエントリー。

当日出場できないメンバーが3名いたので、バランスが悪いのは否めないのですが、

兎にも角にも参加できたメンバーでおもいっきり、気持ちよく歌ってきました。

 

リハの時に中森先生が

「この海を越えての最後には、会場のバックから横の壁に向かって壮大な海の映像が広がるようなイメージを持ちましょう」とおっしゃいました。

私もそのような映像をイメージして歌ったら、とーっても気持ちよかったです。

 

 

 

団員の数名は合唱講習会に参加した人達で歌う「講習会合唱団」にも参加しました。

「角田山」「聞いて下さい」を歌ってきました。

他の合唱団の方と声を合わせるのは新鮮で楽しいですね。

赤いTシャツが雪ん子メンバーです。

それにしても「角田山」は好きだなぁ。

 

 

 

審査結果を待つ間は、楽しいシングアウトの時間です。

会場の皆さんリラックスモードです。

今回のシングアウト・・かなりマニアックな選曲。

「誰だ。この曲選んだの」

すみませーん。雪ん子の私です。

シングアウトの選曲をとお話しがあった時に、絶対皆さんで歌いたい曲があったのです。

「広い河の岸辺~Water Is Wide」

何故かという話はまた後日。

今回会場の皆さんで歌えたことに、とても満足しています。

 

 

 

審査結果は新潟県推薦「樹」さん、交流部門推薦「たけのこ」さんと決まりました。

うたごえ本選で頑張って歌ってきて下さいね。

 

 

今年の大きい活動はこれで終わりですが、来年はミニライブ、コンサートも予定しています。

時間をかけて練習して、無理のない活動を続けていきたいですね。