合唱団雪ん子. mimi

雪ん子のメンバーmimiが、上越市の混声合唱団「雪ん子」の活動を紹介していきます。 ブログ管理人mimiの個人的趣味もたまに・・

2009/05/09 23:19 サウンド・オブ・ミュージック

さて、コンサート曲をちょこっと紹介


題して「ネタばらし」part.1

映画では清々しい朝の賛美歌から始まります。

我が雪ん子合唱団、一応楽譜を揃えました。
女性コーラスで、ラテン語です。

一度練習してみましたが・・・・
日本語ですら四苦八苦の我等に原語はまず無理っぽい 汗
ハーモニーを揃えるのも難しい…
           


                           先生はそれきり諦めたようです。
           当日は美しいピアノで朝の賛美歌をお聴きいただくようになるかも。




コーラス1曲目はやっぱり「サウンド・オブ・ミュージック」を爽やかにお届けします。

朝の爽やかな山々の情景が歌えますように。

                  

2009/05/09 23:19 ドレミの歌

「ねたばらし part2」


「ドレミの歌」を知らないという方は・・・
日本中で少ないと思いますが、「ドレミの歌」がサウンド・オブ・ミュージックの中の曲だと言うことを知らない方は多いかもしれませんね。


そうなのです。
「ドレミの歌」は映画「サウンド・オブ・ミュージック」の挿入歌で、今は亡きジュリー・アンドリュースがすばらしい高音の美声で歌い上げています。

子ども達とそれはそれは楽しそうに歌っています。



「雪ん子」では、曲の出だし可愛らしいAYAちゃんのソプラノソロで歌い始めます。

♪さぁ、お稽古を始めましょう  やさしいところから・・ 英語の初めは?・・♪
と、先生役で呼びかけるAYAちゃん。

♪ABC!♪
と、答える子ども役の我等

子ども役なので作り声をして目一杯可愛らしく答えたつもりだったのですが・・・・

先生が、
「普通にして下さい!!」

     爆&撃沈↓

     かくして、普通に、気品を持って♪ABC♪と答えることになりました。




アルトの団員竹ちゃんいわく
「これさぁ、若い先生が老人ホームに来て教えてるっていう設定にした方が、私らに自然なんじゃないの?」

アハ~
確かにそうかも…


しかし、しかし、竹ちゃん!
「ドレミの歌」はやっぱり快活に、リズム感を持って歌わないと!

無理してかわい子ぶる必要はありませんが、軽快に楽しく歌おうね。




「ドレミの歌」のエンディング・・・
バスの超低音で♪ドシラソファミレ~~~~
と入ります。

とても合いにくいのです。

バスの皆さん、先生の指揮に呼吸を揃えて頑張ってくれることでしょう。


終わりよければ全てよし!・・・・ですよね?

2009/05/09 23:18 ひとりぽっちの羊飼い

恒例のねたばらし 笑


サウンドオブミュージックをやろうと決めたものの・・・

日本語の混声合唱の楽譜って無いのです!!

色々調べましたが、やっぱり無い!!

英語の楽譜はあるのです。 

じゃあ英語でやれっていうのは・・・・・・・・・ムリ



苦肉の策で日本語の女性コーラスの歌詞をひろって、混声の楽譜に当てはめることになりました。

メロディーは簡単に当てはまりますが、問題はコーラス部分。

いやぁ、この作業がなかなか大変でした。




私の担当は「ひとりぽっちの羊飼い」

この曲はヨーデルのように「レディオルディオ  ホルデルディオ  ホルデリッイー」など言葉といえないような言葉が連発します。


日本語と英語を読み比べながら、映画で言葉を確認しながら、やっと全パートの歌詞をつけました。
楽譜もチェックし、これで完璧! と思っても、歌ってみると不都合な点もあったりして、先生は楽譜チェックが大変だったろうと思います(汗)





苦労の甲斐あって、この曲は早々と暗譜できました。

映画の中ではマリオネットを操りながら、軽快に歌うのが見せ場ですね。
2059_124041026700.jpg

雪ん子はどうでしょう。

楽しそうなヨーデルを歌えればいいのですが…




高田の観桜会。
今年は最高でしたね。EM10も桜ステージで歌ってきたのですよ。

その話はまた後日。

観桜会の写真でもお見せしましょうかね。

2059_123971820400.jpg



練習も佳境に入ってきました。

今回、立ち位置を移動するという、初の試みに挑戦します。

ドレスの裾踏んづけて転ばないようにしなくちゃね。

2009/05/09 23:18 エーデルワイス

エーデルワイスの花をご存じですか?

空から星が一つ、スイスのアルプスに落ちたそうです。
それがエーデルワイスの花になったとか…

2059_124041057000.jpg



映画サウンドオブミュージックの中では、
子ども達の歌に感動したお父さんであるトラップ大佐が、お返しにソロで歌う曲です。
心を開き自分も音楽を愛していたことを思い出す名シーンですね。
そして、マリアへの愛情の芽生えでもあります。


さてさて、恒例のねたばらしpart4

雪ん子でこんな素敵なシーンを演じるのはテノールの若手NO1の荻ちゃん!!

美声なのです~~

ほれぼれします~~



しかし・・・ちょっと不安な問題があります。

というのは、荻ちゃんは学生さんです。
コンサートの5月24日は教育実習の真っ最中なのです。

実習先の担当教諭の許可がないと、コンサートに出演できないとのこと。


え----------!!!!
もしかしたらコンサートに出演できないかも?!

荻ちゃん以外に「エーデルワイス」のソロは考えられません。

荻ちゃんの担当の先生が、快く送り出してくれることを祈るばかりです。


もしダメだと言われても、
雪ん子全員で担当の先生に「荻ちゃんをコンサートに出演させて下さい!」って掛け合うつもりですけどね。



そう言えば
荻ちゃんはすごく星に詳しいのです。
星の花「エーデルワイス」を歌うのにピッタリかも!!