合唱団雪ん子. mimi

雪ん子のメンバーmimiが、上越市の混声合唱団「雪ん子」の活動を紹介していきます。 ブログ管理人mimiの個人的趣味もたまに・・

2015-06-15 00:29:11.0 合同合唱祭

6月14日、新潟県合唱祭、久比岐野合唱祭、市民芸能祭の合同合唱祭が上越文化会館で行われました。

67団体が参加する、大規模な合唱祭となりました。

 

雪ん子も「花」「地球の詩」の2曲で参加。

女性陣はコンサート以来の水色のドレスで、やる気に拍車がかかりました。

形から入るのも大切なのですにこにこ

 

出来映えは…これから音源を聞いて反省することにしましょう。

 

 

 

67団体、それぞれの個性があり、聞いていて飽きると言うことはありませんでした。

大人数の合唱の醍醐味を聞かせてくれたところ、少人数ですばらしいハーモニーを聞かせてくれたところ、若い声のハーモニー、年齢を重ねた渋い声のハーモニー、初めて聴く曲の数々、知っている曲の数々。

 

各団体のメッセージが光る、素敵な合唱祭でした。

 

 

雪ん子の写真がないのが残念なのですが・・

他の団体をご紹介。

 

うたごえ協議会のお仲間の「たけのこ」の皆さん。

Sさんの手話入りです。

しっかりとメッセージを届けて下さいました。

 

 

 

私が個人的にファンの「YEN」の皆さん。

1人が1パート歌えば、少人数でもコーラスは出来るというお手本のようなグループで、綺麗なハーモニーに聞き惚れちゃいます。

そして・・・

今年も出たー! 踊るクマモン!!

 

クマモン、今年はウクレレを持っています。弾いている様子はないですね(笑)

YENさんが真面目な顔で♪サウンド・オブ・ミュージック♪を歌われているステージを踊りながら横切ります。

 

 

このクマモンの登場に笑わずに歌い続けられるのだから、YENの皆さんすごいですねぇ。

 

 

こんなコミカルなステージもある合唱祭なのでした。

 

全ステージが終わった後、クマモンみーっけ!

私も記念写真です。

実はこのクマモン先生、雪ん子の指揮者の中森先生のご主人なのでした。