歯科についての話題

歯科機器の情報

2017-04-11 18:23:03.0 生体情報モニターについて知識の紹介

 医療用生体情報モニターは患者監視装置とも呼ばれています。患者様の心電図・呼吸・体温・血圧などの生体情報を測定・記録する製品です。医療機器や医療技術の進歩、最新のモニターは「動脈血酸素飽和度(SpO2)」や「呼気終末炭酸ガス濃度(EtCO2)」、「意識レベル」なども測定できます。  患者様の生体情報を測定・記録し、患者の状態が異常になった時にはアラーム音等で知らせます。状態が急変した患者様が院内のどの場所にいるかを知らせる位置情報機能を搭載することも可能にするなど医療スタッフに安全・安心のモニタリング環境を提供することができます。  この装置は医療系のTVドラマでよく使用されます。病棟、処置室のみならず、手術室、救急車の中等、バッテリーが内蔵されており、病院内の移動中や医療現場の中でも使用します。  ここには当店のマルチパラメータモニタ--- CMS6000B(無呼吸アラーム搭載)をお勧めます。外形は精巧で、高機能で、簡単かつ便利な操作で、各級病院、コミュニティ医療や家庭に適合します。    この製品は成人、小児および新生児など全年齢層に適用します。基本バラメータ心電図、血酸素飽和度、NIBPは長い間続く情況で監視と輸送することが可能です。中央監視システムとネットワーク対応できます。興味を持っている方をぜひご利用ください。 続きを見る:http://www.oyodental.jp