歯科についての話題

歯科機器の情報

2017-04-17 17:38:51.0 歯科用ハンドピースの異常に対する対策

現在ハンドピース 卸売が広く使われることとともに、ハンドピースの異常も多く披露されました。例えばハンドピースの出水具合や、振動しても力がない、そしてバーが抜けるなどがよくお客さまから非難をいただきました。 今日は、主にハンドピースが振動しても、つからがなくて歯垢などを取れないと言う異常について少し検討しましょう。

よくハンドピースの異常、あるいはユニットの出力がたりないと文句を言っていましたが、なぜ力がないという問題についてよく考えたことがありますか。ただ製品のせいでしょうか。

実はハンドピースには力が足りないについては、以下のように、三つの原因があります。
1.気圧の問題。メーカーの方も色々実験をしました。始めはフッドベルタを踏んで、ハンドピースはまた正常に振動します。でも何分間を経つと、振動も弱くなっていきます。それは気圧の問題です。その場合は、コンプレッサーのことをよくチェックしてください。コンプレッサーの稼働気圧は一般的に8kgくらいで、調整器機械の稼働気圧は一般的に2.2-2.5KGくらいです。

2.回路の問題。4ホースのハンドピースはほとんどホールの回路があります。もし回路が塞がれた場合も、ハンドピースのちからが少小さくなります。その場合は、ホールの回路をチェックください。

3.ハンドピース(ストレートハンドピースコントラアングル)自身の問題。チャックなどの変形により、チャックと他のパーツの摩擦によりハンドピースの出力が弱くなります。またの原因は、ハンドピース自身の腐食や摩損で、ハンドピースを壊します。例えば、化学液状でハンドピースをソークしたりして、内部パーツまで腐食させます。また、長い間洗浄や消毒及び滅菌などをせずに、続けて使用することにより、パーツの摩損がひどくなり、出力も弱くなります。摩損により、軸と外部の隙間が大きくなって、振動するときに生じるかいつは隙間から出てきて、出力になりません。

以上は、大体、ハンドピースの出力が弱い原因となります。もちろんほかにも、誘因などもありそうですが、今日は一応ここまでにしたいと思います。

2017-04-17 17:24:22.0 歯科用スケーラー超音波稼働性能についてのご紹介

現在の歯科分野では、超音波スケーラー 歯石除去はどうしても欠かせない重要な散財でほとんどの歯科病院に愛用されています。そして、超音波スケーラーは主に、審美歯科に用いられて、超音波の振動により、歯石や歯垢などを除去することえお実現します。超音波スケーラーで審美を達することは、素早くて、効率的で、人工の節約もできます。

 

超音波スケーラーの稼働原理については、まずは超音波のことが挙げられます。振動周波数は20000HZ以上を超える音波は超音波のことといいます。その超音波を通して、生じた超音電波を転換器に輸入させて、超音振動に転換します。(電から機械能への転換)超音振動に変える瞬間、チップの猛烈振動により、歯石を破壊して、そして除去できます。

 

超音波スケーラーの保管とメンテナンスについてですが。以下の何点が挙げられます。

1.使用前には、超音波発生器と転換器の具合を十分マッチしてから、稼働させてください。噴水式の超音波スケーラーの方は、給水状態を確認してから、また使用しましょう。

 

2.操作中は、ゆっくり歯石などを取りましょう。もし、お客様が少し痛み等がある場合は、出力を少々減少して治療を行いましょう。

 

3.超音波スケーラーを使用後、スイッチなどをもとにように戻らせましょう。チップのほうがしっかり滅菌や消毒などをしてからまた乾燥なところに保管してください。そして、使用中や保管中、ストライクや高温などを避けてください。

 

超音波スケーラー 歯科用は、弊社が今色々取り扱っております。ご興味がある方は、hpよりご参考ください。そして、製品に関する質問がある場合は、いつでも遠慮なくお問い合わせセンターをご利用ください。