南本町3丁目ガイド(^^)/

上越市南本町3丁目の町内の見どころや行事などを発信していきたいと思います。

2018-04-01 18:54:01.0 横春日町の富豪(山岸家)

明治~大正にかけて、南本町3丁目、当時の横春日町に山岸粂太郎という方が住んでおられました。

代々の大地主で、町内の役員の他、高田市会議員、百三十九銀行の監査役、日本葡萄酒株式会社(岩の原ワインを一手に専売)の役員も務められていましたが、大正7年2月に45歳で亡くなられました。

 

昨年、先祖のことを調べられていた愛知県に住む山岸さんが、高田を訪れ墓前に手を合わせるとともに、かつて先祖が住んでいたであろう横春日町(南本町3丁目)を散策されました。

1世紀を経ての墓参り・・・ご先祖様は大変喜ばれたことでしょう。

上越よみうり(平成29年5月29日)、上越タウンジャーナル(同日)に掲載され多くの反響がありました。

 

ここでご存知の方がいらっしゃれば、ご一報を頂きたいのですが・・・

愛知県から来られた山岸さんのご尊祖父『山岸精一郎さん(粂太郎氏の御子息)』が、大正9年ごろに高田から愛知県岡崎市へ移住されたそうですが、なぜ移住をする必要があったのかが不明とのことですので、何か手掛かりになるようなことをご存知の方は、ぜひともご一報をいたきたく存じます。

 

 

町内会館に残る古文書

 

高田市史、上越市史に大地主として示され、新潟県人物誌(大正7年発行)には、実業家として掲載されています。

 

訃報を伝える新聞記事(高田新聞 大正7年2月3日)

 

葬儀の新聞記事(高田新聞 大正7年2月6日)

当時は『お悔やみ欄』はありませんでしたので、記事になるほどの偉人であったことがうかがえます。

 

市内にあるお墓