のんびり、ぱくし

山歩き、お出かけ 時々 おやつ・・・

2016/02/08 20:43 独鈷山リベンジ

群馬の山仲間さんから、どこかにご一緒できたら!とうれしいお言葉をいだだき、雪の心配をしながらも、最近の行動範囲で行けるところを検討!

先週のリベンジに賛同いただき、坂城I.Cで待ち合わせ。

登山口、9時半に出発、先週の雪がそのまま、踏み跡も先週の私たちのものから増えていませんでした。

氷ってザクザクという音、歩きにくさも…。気温が高かったのが幸い、青い空もみえて2回目という安心感も手伝って、楽しく歩けました。

友人は雪は初めてで、ゆっくりでしたが終始にぎやかに盛り上げてくれました。

やはり仲間がいると気分も上がりますね、おかけで無事に山頂にたてました。

リベンジ大成功。\(^o^)/

お誘いなければ、先伸ばしだった山ですが、嬉しい展望と青空に、笑顔。まさに「山楽」でした。

2016/02/06 20:09 五里ヶ峰(千曲市)

毎日、天気予報とにらめっこの夫、長野方面は晴れていそうと、昨晩は信州の山地図とにらめっこ!

という理由で、今日は千曲市へ。

気軽に行ける距離と、雪もあまりなく、3~4時間ほどでの往復が決めて!で、「五里ヶ峰」。

1000メートルほどですが、城跡などを通り、ゆっくりと歩いてきました。

途中、青空もみえて、山頂の、展望もよかったですよ(*^^*)

上信越道に五里ヶ峰トンネルがありますが、そこのお山です。

自宅には2時半到着、午後からお買い物にも行けちゃうくらいのお気軽山歩きでした(^^)

2016/02/02 21:50 またまた上田へ(独鈷山)

家から高速道路を利用して2時間程で登山口に行けること、雪も県内に比べると少ないので、この時期は長野遠征ばかり!

信州百名山の名のもとに、往復でも3時間程の山歩きを今回も選びました。

 

独鈷山(とっこさん)、長野の妙義山?!とも云われていたりもしますが、遠くkらみるとやはりギザギザ風の山様、その上、駐車場にはすでに雪が!

4本の軽アイゼンをもって、歩きだして‥‥  うーん!雪が!

踏み跡も少なくて、歩きにくい雪道。

‥‥ ですが、みあげれば青空、木々の枝が氷って、キラキラして、歩きにくさも忘れるほどの美しさで何度も見上げたり 立ち止まったり(^ー^)

時々、雪に足を取られたり((+_+))

雪が深いところもなんのその、胸突き八丁といわれるのぼりも雪のおかげか?!つらいと思わずに歩け、だるま岩までですれ違った人は二人だけ。

上は氷ってますよ~と、アドバイスいただきました。

 

雪道で時間もオーバー、案の状、氷っている急なのぼりでに・・・・思案、今回はだるま岩で折り返しました。

雪がない季節にもう一度!と、またの、楽しみを残して下山。

 

下りながら、氷った枝にあたるたび、カラカラと音がして楽しかったです。

この音も、この時期とこの日ここに来たことで見つけられた貴重な体験。

行かない後悔より、行ってみての後悔を選んでいきたいと思いました。